2017 / 04
≪ 2017 / 03   - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - -  2017 / 05 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
◆その他の記事一覧

よいお年を

さて、2013年も終わりです。

日常に追われていたらあっという間の一年でした。もっとゲームやりたいw

体調を崩した時もありましたが、大きなトラブルもなく過ごせた一年でもありました。まあ、反省すべき失敗もあったので、来年はそれをいかしつつ過ごしていきたいと思います。

記事の方ももうちょっと更新したいですね。


年末、年始で休みが多い方もけっこういらっしゃると思うので、ちょっとおすすめのゲームを。


今、友人たちと「ドラゴンズクラウン」(音出ます)というゲームをやっています。


オフラインでもできるんですが、これが中々面白い。
ベルトアクションと呼ばれるアクションゲームで、昔だとファイナルファイトというゲームがこれでしたね。

最大4人までの協力プレイが可能でして、育成、スキル、魔法、アイテム収拾などRPGの要素もふんだんに含まれています。ARPGの要素が濃いかも。

一人でやるのも良いのですが、これの面白いところは、オフラインでわいわいできるところ。
モンハンもそうでしたが、仲の良い友人たちとやるゲームはかなり面白いんですよね。

ドラゴンズクラウンも似たようなものです。

興味のある方はぜひぜひ。たぶんゲーム屋にいけば安く手に入るはずです。私は中古で2000円前後でゲットしました。


一つ注意点。みんなで集まる時は、コントローラーを持参せよw
いざやろうと思ってコントローラーが足りない、そんな状況があります。
そう、私たちです(゚Д゚)


そんなわけで休みの時を利用して、集まって遊んでみるのはいかがでしょうか。


さて、では今年も終わりです。本年は大変お世話になりました。


来年もまたよろしくお願いします。


◆追記
2つの拍手ありがとうございます。
年末で四人集まり、ドラゴンズクラウンをやりました。やばい、色々。時間を忘れてやって、気づいたら暗いんですけどw ゲームは一日一時間なんて言っていた時が懐かしい。あっ、あけましておめでとうございます。




スポンサーサイト

近況:スカイリムをやってみた

ACVDをやっていますが、時間帯が遅くなったり、状況が悪かったりすると、傭兵に呼ばれるのに待ちます。


待っていてその日が終わってしまうと、せつなくて泣いてしまうので、ちょっと新しいゲームを買ってきました。


買ってきたのは、「スカイリム」ですね。 → 公式(年齢認証あります)


前作のオブリビオンはPCでがっつりやったのですが、今回はPS3版です。
がっつりやるには、たぶん色々調べてソフト入れて、なんてことをやらなきゃいけないので、時間がかかるんですよね。今はちょっと手軽にやりたいかな、ということでバニラ版です。


今後日記でずっと書いていくかは分かりませんが、とりあえずご報告までに。


ちなみに最初の印象としては、字幕があった方が良いですね。全部吹き替えしてあるみたいなんですが、聞きとれないこともしばしば。なので、オプションで追加しました。追加しておけば問題ないです。

キャラメイクは相変わらずで、すごい顔がでてきますw
ハイエルフで、とても人外な顔が出てくると思わず吹いてしまうんですが。
それがTESのデフォみたいですね。もうちょっと美人がいても良いんじゃないだろうか(;´∀`)


グラフィックは相変わらずきれいで、映画の中を歩いているような感じ。
アクションもオブリビオンとは大きな違いはないです。

没入感はかなり高く、やっているとあっという間に数時間が経過します。


ダークソウルやデモンズソウルと比べるとアクション性はやや薄いですが、冒険している感じはスカイリムの方が良いですね。武器や防具の強化の他、作成ができます。錬金術もでき薬品の製作も可能です。飲食物により体調も変化するみたい。

と、生活面からも冒険というものを感じることができます。やはり中々面白いですね。


というわけで、ACVDをやりつつスカイリムもちょっと遊び始めました。そんな近況です。


◆追記
2つの拍手ありがとうございます。
気になったソフトは一度で良いから遊んでみたいですね。まあ全部やっているとお金がバカにならないんですけど。たまに大当たりのソフトが出てきた時の快感がたまらないですね。




【ACVD】 THE DEPTH #5について

アーマードコア・ヴァーディクトデイのTHE DEPTH #5を視聴したので、記事で触れてみます。




Video streaming by Ustream


ACVDは、ほぼ毎月3時間ほどの動画で情報を更新していました。
実は今回ですでに五回目。チェックを忘れていた時もあったんですが、一応全部視聴できました。相変わらず、コアにコアに向かっていくゲームですw

開発者たちが楽しそうなので、こちらも思わず釣られています。


今回は公開収録ということで、趣を異にしていました。
そんな中、思わず驚いたものがありました。

動画だと42分あたりのところなんですが・・・・・・


ジャム爺が「ACVDを持ち出したい!」と言ったことに端を発します。


アセンブルをゲーム機だけでなくタブレット端末やPCでアセンブルをして、それをゲーム機に適用するというもの。つまり実現すれば、いつでもどこでもアセンができるということになります。


それを聞いた時、さすがにできないだろ、と思いました。

すでにゲームの枠組みを超えすぎていて、夢物語の類いです。

その提案を聞いた時の鍋島氏も、難色をしめしていました。


鍋P「できました」


一同&私「Σ(゚Д゚)」


う、うそ・・・・・・だろ?

場内がざわつく中、宣伝オグ氏が取り出したもの、それはipad。そのipadでアセンブルをして、実際にゲーム機へ適用するというのです。

え、まじですか!?

その一連の動作を、デモでやってくれたのです。
まずはipadに映る、ACVDlinkのアセン画面だったでしょうか。こちらでヘッドパーツを変更。変更したデータを機体図面として、ゲーム側にアップロード。

な、なるほど。

機体図面の形でゲームにアップロードするんですね。考え方としてはシンプルですが、やっていることはすごい。確かにこの方法ならできそう、っていうかできていました。

その後、実機の方でアセンブル画面へ。機体図面からアップロードされた図面を呼び出し、機体図面をロードすれば完了。ヘッドパーツだけ変更された機体が、そこにはありました。


思わず感心してしまいましたね。


正直、ジャム爺の提案は無茶振り。そんなのできたら嬉しいけど、さすがにできないでしょと思ってしまいますよ。

それが技術屋たちに火をつけてしまったみたいですねw
提案を受けた時の、鍋Pの目が全然笑ってないwww


しかしそれを実現してしまったフロムは、本気ですごいな、と思いました。
まさに技術者集団という名称がふさわしく感じました。

変態技術者たちめ、あんなものを作って喜ぶか。

本当にありがとうございます(^p^)

ジャム爺、フロムに頭があがらないねwww


◆追記
拍手ありがとうございます。
フロムは変態の語源ともいうべき技術力ですね。PS2の時からCGはかなりきれいでしたし、PS3になってからはネタで実写と言われるレベルw ポイントは絞られますが、一点だけなら限界突破してますね。



ダークソウルⅡ続報(6/26分)

ダークソウルⅡの先行体験レポートの記事が載っていたのでぺたり。


→ 4Gamer記事


動画もありましたので気になる方は合わせてご覧ください。
近接系と魔法系の動画が合わせて4本ほどアップされていました。


個人的に気になったのは、バックスタブが変わっていたこと。
連撃を与えていましたね。マイナーチェンジといったところでしょうか。

あとは左手武器の両手持ちや二刀流構えと、構えの変更ができるようになっていました。

前作では左手の両手持ちはできませんでした。
二刀流もモーションが変わっているように見えるので、専用の構えなのかもしれませんね。

私も早くやりたいなぁ~。


プレイした記者のマフィア梶田氏はぼこぼこにされた模様。

その後、フロム宣伝のオグ氏と話したらしく・・・・・・

なお,自信を失って憔悴している筆者を見かねたのか,E3 2013では3日間ずっと試遊できたにも関わらず,たった1人しかクリアできなかったという情報も教えてくれた。ええ……(ドン引き)。


さすがwwwwフロムwwww

難易度が下がるという心配はありませんね。

でも三日でクリアー一人しかいないって、私も含めて大丈夫か(^p^)


◆追記
拍手ありがとうございます。
ダークⅡも初期は鬼畜だったりするのかな? ダークも発売当初は難易度高かったですよね。呪死は何度も効果がのりましたし、公王も復帰が早かった気がします。次回はどうなるか、とりあえずバグがなければそれで良し。

2拍手目ありがとうございます。
そういえばダクソのカファができるという記事を前に読んだんですけど、あれのオープンはまだでしたっけ。行く機会があったら激写してくるかもしれませんw

3拍手目ありがとうございます。
ダクソは今後どう展開していくんでしょうね。方向性は定まっているとして、ここから変化を見せるのも難しいかな、と思います。マイナーチェンジはできると思いますけど、一つのブランドとして今後どう発展させていくか、そこにちょっと期待しています。

4拍手目ありがとうございます。
ダクソもあれなんですが、ACも気になっています。今度はAI作成が導入されるらしいんですが、これまかり間違うとレイヴンたちがリストラされるw そうならないよう頑張りたいところです。職人とかうまれそう。

5、6拍手目ありがとうございます。
そういえばダクソは初期バージョン、けっこう鬼畜でしたよね。バージョンが更新されるにつれマイルドになりましたが、呪死とか公王はやばかったと思います。ダクソⅡも似たような状況になる可能性はありますねw




友人宅にて2

さて、書くネタもないので、前回より一週間後の話。


今度は2D格闘ゲームをやることになりました。


3D格闘ゲームばかりは不得意だから他のをやらせろ、と私がごねた結果ですw

負け続けるだけならまだしも、思い通りに動かせないのがなによりもきついですね。3D格闘ゲームは、操作こそシンプルなものの、方向キーとボタンだけで、出せる技が変わります。思ったとおりの技が出せないんですよねぇ。ストレスがたまるたまる。

というわけで、3Dヤダーとごねました。


結果、カオスコードというゲームをやることに。


理由は三つほど。

まずPS3でダウンロードできたこと。買いに行く必要がありません。

それから1200円とあまり高くなかったこと(ハズレても痛くないw)。

そしてユーザー評価が高かったことなどです。


公式はこちら → カオスコード公式HP


結果から申しますと、かなり楽しめましたね。
ハズレを引くかもしれないという中、よく当たりを引いたもんだと思います。1200円なら安い安い。十分におつりがきました。


まず良いのがキャラクター。
格ゲーにはまず普通にかっこいい系の男キャラがいます。このあたりは他のゲームと大差はありません。

その他に、色物と呼ばれるようなキャラがいるわけです。このあたりのキャラが濃くて、中々よろしかったです。


個人的に気に入ったのが、クティーラ。

クティーラ

一見かわいらしく見えますが、口調がババアw
おまけにエイリアン的なものを召喚します。

というのもこのクティーラ、クトゥルフをモチーフにしているらしく、本性は化物らしいです。髪がどことなくタコの脚に見えますね。たぶんそういう生物。

わりとドジなところもあり、見ていてなごみます。


次はケット&シー。

ケット&シー

ケット&シー・・・・・・ ケット&シー?
色々ツッコミどころはあるのですが、タイマン形式の格ゲーで、まさかの二人同時参戦。
なにも知らずに対戦画面みた時は笑いました。

ちなみ兄が本体で、妹に被ダメージの判定はありません。この兄が妹をデコイにしたり、ぶんなげたり、色々ひどい。妹の方は妹の方で、さりげなく兄を盾に使いますw

二人はお父さんを元に戻すために戦っているのですが、そのお父さんも実は登場しています。

それが妹の頭にのっているぬいぐるみw 超必殺技をうつと巨大化します。

色々面白い二人ですが、ケット&シー同士で対決すると、四人が入り乱れてやっている本人すらキャラを見失うというおまけつき。

斬新w


三人目に紹介するのが、カトリーヌ。

カトリーヌ

初見時のインパクトが強すぎた(;´Д`)
オカマな上に全身タイツかい。

とりあえず動画を見てもらった方が早い気もする。




速くてよく見えないかもしれませんが、モデル歩きしてるんですよね。
歩いただけで大爆笑をかっさらいました。他にもモンローの姿に扮して、放屁みたいなことをするし、メイド姿にはなるし、マーメイドにもなるし、色々ひどい。

おかま声でも笑ったんですが、すでになれ始めている自分がいます。

カオスコードでも一番ひどいキャラでしょうね(;´∀`)


他にも特徴のあるキャラはいますよ。動画に出ているエルメスはドSな女王様キャラですね。


まあ、そんなわけで予想以上に楽しめた作品ではあります。

また集まった時には、やりそうな格ゲーでありました。


最後にPVを貼っておきますので、よければご覧ください。




Ray

Author:Ray
うとうとさせてしまう管理人Rayです。
ダークソウル、モンハンシリーズなどを中心に記事を書いています。
残念なところが多々ありますが、よろしくお願いします(´・ω・`)

当方はリンクフリーです。

※情報は古くなっています。ご注意ください。

◆プレイ中
 ・ダークソウル3
 ・フォーオナー

“志方あきこ”さんのJUKE BOXです。 詳しくはBOX上部クリックでサイトに飛びます。
当サイトはリンクフリーです。
相互リンクの際にはご一報ください。その他ご要望、ご意見などもこちらで承ります。

名前:
メール:
件名:
本文:

MHP3rd・攻略ブログ にほんブログ村 ゲームブログ×PlayNCBlogへ にほんブログ村 ゲームブログ モンスターハンターへ
にほんブログ村
ブログ検索にご利用ください(´▽`)