2017 / 08
≪ 2017 / 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 / 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
◆戦場のヴァルキュリア2の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2週目クリアー

戦ヴァル2クリアー後から、ボチボチミッションをクリアーして、ようやく12月まで終わりました。

一月に付き、二つのミッションが追加され、12月だけ四つ追加。計26のミッションでした。


1~12月には金色に光るCompleteの文字が(´▽`)

揃うと気持ち良いですねぇ。

あとは購入ミッションが残っているわけですが、この数がざっと20以上ある。

ワーイ、まだたくさんあるー\(゚∀゚)/


ワーイ、ワーイ、ワーイ\(゚∀゚)/


ワーイ…… \(´・ω・`)/


そろそろゴールさせてくれても良いのよ(´・ω・`)


(結局ミッション数は200近くありそうです。SLGでは破格の多さですよね)



スポンサーサイト

すべては大魔王姑息カーネルのせい

今日は久々に戦ヴァル2のお話。


クリアーしてからというものボチボチミッションをやっていました。

それほど難しいミッションもなかったので、初見Sランクでサクサクと進めていた、そんなある日のこと。

基本的に終盤以降のミッションは、5ターン以内でクリアーできればSランクになります。

ノルマとして、Sランクに加え、設計図を落とす、肩書き付きのエースを倒すことにしていました。


これ自体はそんなに難しくないんですね。たぶん誰でもできます。


そんな時、あるミッションで引っかかりました。

「激戦! ロインダール峡谷」というやつなんですけど、このミッション、他とはやや異なるミッションなんです。

敵肩書きエースは、大魔王カーネル。仰々しい名前です。


アバンのスタート地点には、敵の本拠点しかなく、自軍は初期配置したメンバーしかそのエリアに入れません。敵本拠点を占拠するには、他ルートの仲間にスイッチを押させないといけないため、アバンの元における兵もせいぜい一人。それ以上置くと、もう一方の進攻に支障が出ます。

おまけに現地は夜。視界が悪いので、敵へ接近しないと発見もままなりません。


[1回目]
4ターンほどで敵本拠点制圧目前までいく。
しかし、大魔王が見つかっていなかったので、倒してからクリアーしようと考えていました。

敵本拠点付近の敵も掃討していたので、土嚢にしゃがませようとしたんですよ。


ここでまさかの操作ミス(´;ω;`)

しゃがむ手前で○ボタン押したら占拠してたでござる orz

なぜかクリアーしてた……


[2回目]
次は大魔王を見つけるのを最優先にしました。

しかし大魔王、どこを捜しても見つからない。どこ行った。

あまりに見つからないので、前回と同じくクリアー直前までもっていこうとしました。


そしたら敵拠点前にやたら増援がw

V2、供給車、強襲兵×2で合わせて四体いました。

その時は気づいていなかったんです、こちらにCPがないことに……

供給者、V2までは良かったんですけど、ターンエンドしたあと強襲兵に火葬されました。

アバン君が上手に焼けて、ゲームオーバー。


[3回目]
やっと見つけたよ、大魔王!!


草むらに隠れてるなよ、大魔王!!!!

夜+草むら、効果で肉薄するぐらい近づかないと発見できなかった。

そのまま死ね!! と思わず言ってしまいそうになりました。


まあ、とりあえず見つけることができたので、グレネード投げて草むらから起こし、あとは普通に攻撃すればクリアー……のはずでした。

1回目、回避される。
敵エースは回避力が高いので、それは織り込み済みでした。
回避されても命中するようにはしていたんです。

2回目、回避される。
まだいけるけど、反撃が痛い。

3回目、回避される。
敵HP二桁で瀕死。しかし反撃でアバン死亡。


《゚Д゚》ゴラァァァァァァァァァァァァア!!

( ‘д‘⊂彡☆))Д´) パーン

 ( ‘д‘⊂彡☆))Д´) パーン

   ( ‘д‘⊂彡☆))Д´) パーン

何度やらせるんじゃ、ボケナスがあ!!

根性で回避やめさせんかい!!

ハァ、ハァ、ハァ……

……


すみません、取り乱しました。


[4回目]
攻略しつつ、さっさと草むらの、大魔王姑息カーネルを退治。

大魔王なのに草むらに隠れる人は、保護色で良い。

さーて、敵本拠点を占拠するぞーと近づくと、V2、供給者、強襲兵×4が。

( ゚д゚)ヨ、4?

( ゚д゚)……

(゚д゚)


なんとか倒しました。


おわり



◆追記
拍手ありがとうございます。今になっていただけるとは思いませんでした。
それにしてもカーネルは今思い出しても腹が立ちます。夜の草むらにエリア端とか、もっとも捜しにくい場所ですよね。しかもアバンのエリアには人数をさくわけにはいかず、そうなると敵エースに正面から挑まなければならなくて、回避ばかりされるという嫌がらせ仕様。

拍手をしていただいた方も苦労されたかと推察いたします。お疲れ様でございました。

2拍手目ありがとうございます。このミッションは今でもまざまざと思い出せますね。危うく四回目もゲームオーバーになるところでしたから。四回目失敗してたら、PSPが新品になっていたに違いありません。




戦場のヴァルキュリア2総評

とりあえず長くなりそうな気配がプンプンですので、できるだけ焦点を絞ろうと思います。
ネタバレはできるだけない方向で書こうと思います。


点数をつけるとしたら100点満点中75点といったところでしょうか。

ちなみにシリーズ初プレイでした。
それでもシステム面、ストーリー面で前作をやっておけば良かった、ということはなかったです。むしろ今思い返してみると、初めての人向けだったようにも思います。


概ね評価した点は、ストーリーとゲーム性です。BGMは可もなく不可もなくといったところでした。他のシステム的なところも欠点らしい部分はなかったと思います。

ひとまず75点になった経緯を、ストーリー性とゲーム性別に、プラス点、マイナス点で分けて説明していこうかと思います。



◆ストーリー総評

▽プラス点

私個人として評価したいのは、サブキャラのストーリーでした。フランカ、ニコルの姉弟関係から、エリクの本音など、あれなくしてサブキャラにはまることはなかったと思います。

前半などは特に、アバン、ゼリ、コゼットの主要メンバーさえ食っていましたw

キャラクターが多いため、各個人のシナリオはかなり短いものなのですが、それでも大事な部分はしっかりと伝わってきました。短いシナリオの中で、そのキャラクターの良さをしっかりと伝えられるというのは、名人芸だと思います。

他にも、ショートストーリーが各所に挟まれるのですが、このあたりもちょうど良い頃合なんですよね。ライターがショートストーリーを得意としているのかもしれません。

そんなわけで、始める前には思いもしなかったほど、サブキャラにはまったというのはあります。結局キャラの全シナリオやりましたしね。

まあ全てが全て満点というわけにはいきませんが、概ね高評価ではありました。
キャラのシナリオを見るか見ないかで、愛着にかなりの差が生まれますので、好きなキャラは、ぜひやってみるべきでしょう。


▽マイナス点

次にストーリーのマイナス点。

個人的に残念だったのは、シリアスのパートの方ですね。本編とほぼ同義です。

戦場のヴァルキュリア2のシナリオは主に、学園パートとシリアスパートの二種類で成り立っていました。割合はほぼ半々だったかと思います。

このやり方は、考え方としては良いとは思います。私個人としては、かなり良作になる可能性を秘めているんじゃないかと思っています。しかし、扱いが非常に難しいです。

そもそも、戦争物を扱うと悲劇にならざるをえない側面があります。やはり戦争は悲劇でしかないんですね。
そのため学園物との相性がすこぶる悪くなります。学園物は日常を扱います。ほんわかベースです。逆に戦争物は非日常を扱います。ピリピリします。

戦争物で日常物を扱いすぎてしまうと、シリアスになりきれない部分がでてきてしまうんですね。それが今作で出てしまっていたように思います。7:3くらいの割合でシリアスにしなければ、恐らく活かしきれなかったのではないかと思います。しかし、そうなると学園物っぽくなくなってしまう。

つまりどっちつかずになってしまい、扱いが非常に難しいということになります。

ですが失敗というほど失敗はしていなかったので、成功しなかった、というニュアンスがもっとも近い気がします。

今作で学園物との相性の悪いことを把握したのかは分かりませんが、三作目はかなりシリアスみたいですね。

シリアス過ぎるとまた危険なんですけど。


◆ゲーム性総評

▽プラス点

BLiTSと呼ばれるシステムは前作と同じなんでしょうが、やはり発想が良いですね。

アクション+シミュレーションの組み合わせで、まだまだ色々やれるんじゃないでしょうか。もしかしたらまたなにか出てくるかもしれませんね。

気分的にはサバイバルゲームやってる感じでしょうか。まあサバゲーやったことないですけどw

書いた分量的には少ないですけど、BLiTSのみでもかなり面白いです。


▽マイナス点

マイナス点はわりとはっきりしています。

ミッションが多いw

まあ、必要な部分だけやれば良いのかもしれませんが、それでも多いですね。終盤になると一つのミッションで30分以上はまずかかりますし、あればあったでやってしまうのが人の性(Saga)。

あとはミッションごとのMAPが小さい。

これはPSPで大きなMAPを使用できない、という制約があるのかもしれませんが、それでもやはり大きなMAPは欲しかったと思います。

小さなMAPでは回復役の支援兵が空気になってしまいますし、戦略性においても乏しくなっています。

やはりSLGは広大なマップで、相手の攻め方を予測し、その上でこちらも行動するという、思考を競わせることが大事なのではと思います。

今作に関しては、マップが小さいこともあって、予測にほとんど狂いが生じないというのもデメリットになっていたと思います。


あとは、単位取得がランダム過ぎること。

単位が欲しいのは、アバンだけじゃない、みんな欲しいんだ(´;ω;`)

これがすべてを物語っています。


◆まとめ

長々と書きましたが、良作ではあると思います。

ただ物足りないところもあるのは事実です。その辺りが改善されて、3に繋がっていれば良いですね。

あと若干、十代向けに見受けられますので、若い人の方が性に合うかもしれません。難易度も高くはありません。

こんなところでしょうか。


話によれば1は1で物足りない点があるそうですので、どちらも差異はないのかも。

1,2の修正を踏まえて3を作っているなら、大化けして神作品になるかもしれません。

まだ伸びしろはあります。それは間違いありません。


以上で、戦場のヴァルキュリア2の総評は終わりです。


ここまで読んでいただいた方、ありがとうございましたm(_ _)m

お疲れ様でした。




クリアー後について

戦場のヴァルキュリア2をクリアーして総評を書こうかな、と思っていたのですが、もう少し様子を見たいと思います。

クリアーしても若干ストーリーが続いているんです(;´Д`)

驚異的な量ですね。




ネタバレ的なものは薄いですが、一応注意。





1月~12月のミッションには、一応コンプリートが出ていたんですけど、それが全部消えてて愕然としました。

全部の月に追加ミッションがあるようです。

それと、兵器開発の多さがすごすぎる。

一応クリアー前にお金を溜めといたのですが、それを全部吐きだしても、全体の1/5完了したかどうか。

完全にやりきるには、まだ時間が必要そうですね。


とりあえず、総評は適当なところで書こうかと思います。


クリアーして満足かな、と思ったんですが、なぜかやってしまう。どゆこと?




12月の続き、そして・・・・・・

戦場のヴァルキュリア2も12月の主たるミッションを終え、あとはストーリーミッションだけとなっておりましたが、その続きです。



例のごとく、ネタバレあり。
戦場のヴァルキュリア2をこれからやろうと思っている人は見てはいけません。ダメ、絶対。









というわけで、前回のミッションの続きから。


アバン君は兄さん倒し、バルドレンに立ち向かう決意を固めたところからです。


兄さんの足止めにより、バルドレンは海上へ。アバンたちもなんとかその軍船に乗りこみバルドレンを追います。

次のミッションは連射砲破壊でした。

バルドレンの乗りこんだ軍船には、連射砲という大砲がついており、それがあると味方の軍船が近づくことができません。というのも、突入する前に、自分たちだけで制止することはできないかもしれないと判断したアバンたちは、正規軍に援軍を要請。いざという時は正規軍の軍船で止めるつもりでした。

というわけで連射砲を破壊する必要があったわけです。

普通のミッションと異なる点は、連射砲が撃たれると屋外では大ダメージを食らうという点でした。

屋内に避難すれば、連射砲のダメージは受けません。


ここにはボスらしいボスもいなかったので、余裕でクリアーだぜーと思っていました。


これを俗にフラグと言います。


するとなんということでしょう。


本拠点が屋内であると勘違いしていた私は、連射砲が発射された時、本拠点に兵士を置きっぱなしにしていたんです。

しまったー!! と思った時にはすでに遅し。

一撃でアバンが戦闘不能。(ここでもアバンが被害にw

本陣が、がら空きになったところへ、敵兵即占拠。

GAME OVER

見事にフラグ回収しましたとさ。

油断ダメ、絶対。


ただ、連射砲に注意を払えていればなんてことないミッションだったので、次の回では難なくクリアー。


ようやくそこで、バルドレンに追いつきました。


バルドレンは兄さんと同じく人間をやめていました。人造ヴァルキュリアといったやつで、人の形をした重戦車ですね。それとバリアー、接近兵器付き。

ただ兄さんの時と違って、こちらの本拠点近くにはいなかったのが救い。

兄さんの時はそれが原因で、アバンが何度も犠牲になりました。


バルドレンには弱点があるということで、エネルギー供給装置がどこかに隠してあるのかな、と思って右往左往しました。

その間、バルドレンは死んだ兵士を生き返らせたりもしてきたので、妙に時間ばかり食いました。


で、ついに弱点発見。


船の艦橋(船長とかがいる見晴らしの良いところ)の更に上の上に、巨大な青白く光る物体が。

戦車

戦車の後ろにもありますが、これの超巨大なやつが船の上部に取り付けられていました。


あれに違いない!! と思って、対戦車槍を撃ちこんだのですが、なぜか届かない。

もう一度撃ちこんでもなぜか届かない。


はて……、バルドレンをもう一度よく見たら背中に、ランドセル程度の青白い物体がw

すっかり勘違いしていましたが、超巨大なやつは軍船のものだったみたいです。どおりででかいと思いました。


そこからバルドレンの背後を取る作業が始まり、背後が取れても弱点に当たらない始末。

対戦車狙撃兵がいたら楽だったかもしれません。

苦労しつつもエネルギーの元を破壊。バリアーが切れたので、あとは兄さん同様、楽器支援でステータスを上げたり下げたりして、正面から剣甲猟兵をぶつけて終了。ようやくバルドレンは沈みました。

長かった、本当に長かった(´;ω;`)


バルドレンは炎上しながら、ガリアを強い国にしたかったと言いながら倒れていきました。

国外に亡命すると言った時は、逃げるのかと思ったのですが、このセリフから推測するに、彼なりの信念があったように思います。亡命も逃亡の意味合いというよりは、理想実現のための手段だったようです。

その後、軍船は炎上、沈没しそうになったところを正規軍に助けられることとなりました。


バルドレンの死をきっかけとして反乱軍は瓦解、ガリアは元の平和を取り戻し、アバンたちは学校を卒業、それぞれの道を進んでいったのでありました。



というわけで、クリアー☆-(ノ゚Д゚)八(゚Д゚ )ノイエーイ


一週目でこんなに時間かかったの始めてです。130時間超えましたw

知らず知らずのうちにやりこんでいたみたいですね。途中で投げ出すことなくクリアーできて良かったです。

実際には、半分くらいの時間でもクリアーはできると思います。

しかし、やりこむ要素が非常に多く、ダンジョンを隅から隅まで歩くような人は、ついつい引きこまれている可能性があります。私はクラスメイトのミッションで明らかに引きこまれました。結局全部やってしまいましたし(;´д`)ゞ


それだけやっても、まだやりこみは半分もいってないみたいなんだぜ……

恐ろしす、戦ヴァル2。

ということで、プレイ日記的なものは、これでひとまず終了です。

友人と通信対戦やるかもしれないので、今後適度にやりこみます。

全やりこみまでは無理かな……?
タクティクスオウガ出るし、MHP3出るし……


総評的なものは、また後日にでもしようと思います。

お付き合いいただきました方、ありがとうございました(´▽`)
この回だけ読んでしまったという方も、ありがとうございました。

長かったぁ、本当に長かったぁ。




Ray

Author:Ray
うとうとさせてしまう管理人Rayです。
ダークソウル、モンハンシリーズなどを中心に記事を書いています。
残念なところが多々ありますが、よろしくお願いします(´・ω・`)

当方はリンクフリーです。

※情報は古くなっています。ご注意ください。

◆プレイ中
 ・ダークソウル3
 ・フォーオナー

“志方あきこ”さんのJUKE BOXです。 詳しくはBOX上部クリックでサイトに飛びます。
当サイトはリンクフリーです。
相互リンクの際にはご一報ください。その他ご要望、ご意見などもこちらで承ります。

名前:
メール:
件名:
本文:

MHP3rd・攻略ブログ にほんブログ村 ゲームブログ×PlayNCBlogへ にほんブログ村 ゲームブログ モンスターハンターへ
にほんブログ村
ブログ検索にご利用ください(´▽`)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。