2017 / 03
≪ 2017 / 02   - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 -  2017 / 03 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
◆DiabroⅢの記事一覧

【DiabloⅢ】近況

ちょっとプレイする時間が取れないというのもありますが、じゃっかん飽きが参りました。


そんなわけで今、他のキャラクターでもプレイを進めてみています。

モンク以外には
・バーバリアン   →ガチムチおじいちゃん
・デーモンハンター →シーフ系の美女
・ウィザード     →イケメン
・ウィッチドクター  →ちょっと怖い

といった感じのキャラクターになっております。
ウィッチドクターが色々な意味で怖い。見知った言葉でいうならシャーマンなんですけど、アマゾンの奥深くにいる言葉が通じない部族の人です。普通じゃない感がただよっております。


とりあえず、やっていて気持ち良いのは、ガチムチおじいちゃん。
与えるダメージが高く、気分爽快。

スキル的に楽しいのはウィザード。スキルがかっこいい。

デーモンハンターは、同じ遠距離攻撃のウィザードに比べてスキルがやや地味か。弓とかボウガンとか、遠距離攻撃系のクラスになります。

ウィッチドクターは、怪しい。スキルでなにやら召喚します。なによりも通常攻撃が吹き矢という。最初見た時は、ふきました(;´∀`)


というわけで、今は色々やっています。

ただ、あれなんですよね。マンネリ感が否めず、ちょっとACVDもやってたりします。


◆追記
拍手ありがとうございます。
ディアブロ3はなんかもったいないところがありますね。私が個人的に似ていると思っているドラゴンズクラウンは、コンテンツの量としてかなり多く、似たようなマップを回っていたとしてもモチベーションが落ちないんですよね。それはストーリーやクエストと絡んでいたり、あるいは敵の量がまるで違ったり、攻撃パターンも違ったり、色々楽しめるからなんですね。ディアブロ3もそうであって欲しかったです。




スポンサーサイト

【DiabloⅢ】モンク・プレイレポート4

DSC01717_.jpg

( ゚д゚) ・・・

(つд⊂)ゴシゴシ

(;゚Д゚)・・・k!?


まず順を追って説明しようかと思います。

ナイトメアモードも第一章を終了し、さあ次の章へ移動しよう。そんなことを考えていたわけです。
装備品のいらないものを、一括して分解。装備の付けなおしをしていたんですよね。

その時、生命力補正の高い装備品を手に入れていました。

当時すでにHP8000超え。これを装備すれば恐らく1万を超えるだろうとは思っていました。


ちなみにSSの剣のマークが攻撃力、盾が防御力、ハートがHPを示しています。

数字が五つ並んでいるのかと思いきや、まさかの「」。

一瞬バグってるのかと思いましたw


こんな表示方法は初めてみましたね。プレイヤーがお金を書く時、100k(10万)とかって使い方は見ますけど、ゲームの仕様に組みこんでくるパターンは初めてです。すごいね、このゲーム。端数はもう微々たる差なので、表示する必要はないのでしょうw

これ、どこまであがるんですかね。


ちなみに昔のSSがあったので、こちらも参考までにどうぞ。


DSC01709_.jpg

インフレっぷりがすさまじいwww


◆追記
拍手ありがとうございます。
装備品はバンバンあがっていくんですが、ストーリーも同じでやっていることも似たようなことになってくると飽きが出てきますね。もうちょっとコンテンツの量が欲しい気はします。

2拍手目ありがとうございます。
ディアブロ3も一応オンライン対応なんですが、協力プレイにはなりづらいみたい? 自分から相手の方に行くこともできるみたいですけど、すっかり忘れてやっていませんでした。もうちょっとCO-OPやりやすい環境にして欲しかったとは思います。

3拍手目ありがとうございます。
現在、ゲームプレイ時間が減少しております。今しばらくお待ちください。まあ少し飽きもきてるので、他のゲームもやるかもしれません。




【DiabloⅢ】モンク・プレイレポート3

DSC01712_.jpg
悪魔の本拠地。


本当はもう少し早く記事をあげるつもりでしたが
途中食中毒にかかってしまい遅れてしまいました(^p^)

これもディアブロの仕業に違いない。


というわけで、実はもう一周クリアーしています。
ストーリー自体は長くはないですね。私が半月くらいでクリアーしているので、20~30時間あれば誰でもクリアーできそう。

ただ、ディアブロはここはまだスタート地点な気がします。


ステータスの話をしますと、クリアー時点で攻撃力400と防御力600程度だったと思うんです。
もっとあったかな。ちょっとうろ覚えです。

現在、次のナイトメアモードを攻略中、攻撃力も防御力も1000を突破。与えるダメージは通常攻撃で2000~3000。スキル発動でクリティカルが入ると8000ダメージとか出ますね。FFも目じゃないくらいの、インフレっぷり。

一周目序盤の10~20とかのダメージが、ゴミに見えますね。

一応モードがこのあとにヘル、インフェルノとあるので、そこまで青天井状態にステータスは上昇していくのでしょう。

もはや装備品が本体w

それくらいレア装備品のステータス上昇率が高いです。モンクは敏捷度が重要なんですが、それもいまや1000を突破。スキルによって防御力に+500の補正が入っております。攻撃力は敏捷度%の倍率補正が入るとか。つまり武器の攻撃力に1000%分の倍率が追加されているため、上記のようなダメージが発生している模様。

う~ん、なにやら色々インフレw
ドラゴンボールで例えるなら、ノーマルはピッコロ大魔王、ナイトメアはべジータ、ヘルはフリーザ、インフェルノはセルといったイメージくらいで良いかもしれません。

難易度はマスターⅠでしたが、すでに無双と化しつつあります。このペースでいくとインフェルノ前にマスターⅤになりそう。


とはいえ、レベルはまだ40弱。
レベルキャップは60のようですし、スキルも全部覚えたわけでもありません。ストーリーはほどほどに、あとはひたすら敵を倒して、レベルをあげていこうと思います。


それにしてもこのゲーム、ドラゴンズクラウンとどことなく似ているんですよね。
パッケージ、ビジュアルは全くの別ものなんですが、志向性が似通っているらしくデジャヴを覚えます。根っこが同じなのかもしれませんね。


◆追記
2つの拍手ありがとうございます。
そういえば忘れていましたが、装備品のグラフィックを消す薬品、あれ武器には使えませんね。なぜ武器にも使わせてくれなかったのか。こういうところが洋ゲーっぽいですね。背中がかゆい。


拍手コメレスは続きへ。




▼続きを読む▼

【DiabloⅢ】モンク・プレイレポート2

DSC01710_convert.jpg
誰がどう見てもイケメン


ディアブロ3の記事を書いていますが、今のところやや短所が際立っているかもしれませんね。

ただ、ちょっと待ってください。

ディアブロ3の面白いところに私が気づいていなかったというのもありますが、ちょっと誤解していました。


そもそもディアブロ3はハック&スラッシュと呼ばれるRPG。日本ではあまり馴染みのない呼ばれ方ですが、この意味はhack(切り刻む)とslash(叩き斬る)。つまり戦うことを主要としたRPG。言うなればストーリーをおまけとして楽しみ、戦うことを楽しむためのゲームなのです。

つまり、ストーリーがやや駆け足気味なのも、簡素な感じがするのも、このゲームの特徴。

対して日本のRPGは、ストーリー重視な面が多いですね。
RPG=ストーリーの良し悪し。
RPGといえば良いストーリーを期待して買う人も多いはず。もちろんシステムも大事ですけど。

そういった日本のゲームに肩から浸かってしまっていたため、ディアブロ3の本質が見えていませんでした。このゲームはそこが本質じゃありません。

古いデータかもしれませんが、ディアブロ3は世界で累計1400万本売れているタイトルであり、海外ユーザーの人気も高め。では、どういった面が彼らを魅了したのか。


その一つ、成長している実感。

私は難易度をハードでやっていたんですが、これが現在、体感でミディアムくらいになっています。同じハードでも簡単になってきています。

それはなぜか。

スキルももちろんありますし、レベルももちろんあります。しかし一番大きいのが装備品。

スキルに「敏捷さの半分を防御力に加える」というものがあります。レアな装備品の中には、敏捷さにプラスがつくものもあります。さらにスロットというものがあり、そこに宝石をはめるとさらに装備品は強くなります。

スキル+装備品の結果、強さが飛躍的に上昇。

ハード、ぬるくない?(・∀・)

というほどキャラが強くなりました。


これは一種の快感ですね。自分が強くなったわけではないんですが、使用キャラが強くなったことで自分まで強くなったように思えます。

君たち弱くない? アヒャヒャヒャヒャ(^p^)

といった具合です。


その他にも色々工夫があったんですよね。

前回の記事に、モンクなのに槍や剣を持って戦うことに違和感があると書きました。
しかしある店に気づきました。その店には装備品の色を変える着色料がありました。MMOなんかだとあったりしますが、コンシューマーでは珍しいかも?

そしてこんなものもありました。

「装備品の姿を消す着色料」

みなさん誰一人気づけないと思いますが、実は↑のSS、ヘルメットをかぶっているんですよ。とてもダサくて、常に装備しているのは嫌なんです。でも防御力と能力が優れているのでやむなく装備しているわけです。そんな時に、どんな装備品も姿を消す着色料を手に入れたわけです。

透明薬なんてドキドキしちゃいますね(゚Д゚)

ともかく、これでどこからどうみてもイケメン(女キャラですが)になりました。

槍とか剣もこれを使えば姿が消えるはず。つまり違和感が消し飛びます。

なんという神アイテム。他のRPGでも導入して欲しいw


そんなこともあって、ディアブロ3が一気に楽しくなってきました。武器でモンク用のカタールも手に入れて、これが滅法強くてまた飛躍的に成長しています。これマスターVまで難度があることを考えると、装備品の強さは青天井なみにあるのかもしれませんね。

レアアイテムを手に入れる喜び。自分好みの外見にする楽しみ。強くなっていく実感に、強敵を倒す快感。

DiabloⅢにはそうったい面白さがあると、ようやく私自身が気づきました。


◆追記
2つの拍手ありがとうございます。
雪がすごかった。移動中に落し物して焦りましたけど、無事見つかって良かったです。今年は大吉引いてますし、なんとか助けられている気はします。ディアブロはとりあえず、マスターⅠへ難易度アップ。やっぱりスリルがないとね。



【DiabloⅢ】モンク・プレイレポート

DSC01707_convert_.jpg
アサシンじゃないお。


本日はディアブロの記事でございます。

ディアブロ3、一応ストーリーはあるんですが、日記で一つずつ回想していくのは中々難しいので、ある程度まとめていこうと思います。スカイリムと同様、ストーリーはわりと駆け足気味。登場人物の会話形式でストーリーが進んでいくので、非常にスピーディーなんですよ。

隕石が落ちてきて死者が復活。アンデッドが世界にあふれ始めたので、主人公たるヒーローは敵を打ち倒しながら、世界を救う策を模索します。モンクのセリフがかなりヒーローっぽい。


洋ゲーの傾向と言いますか、リアルタイム性を重視する向きがありますね。日本ではターン制RPGが今でもありますが、洋ゲーはシミュレーションでもRPGでも敵、自分双方に時間が進みながらアクションを行うことが多いようです。

ストーリーの見せ方にもその特色が現れているようで、会話はほとんどキャラが勝手に喋ります。そこから現在の置かれた状況、今やらなければならない事柄を話していきます。日本のゲームの場合だと、もう少し分かりやすくつくるんですけどね。

日本のRPGはストーリーを見てもらいたい、という志向が見えます。
スカイリムやディアブロ3といった洋ゲーは、そこまで魅せる工夫は見えないんですよね。それよりも新しいスタイルのゲームを、といったものが見える気がします。まあディアブロはどちらかというと回帰の作品ですが。


結局なにが言いたいのかといいますと
ストーリーが突っ走っていくので、深く理解できません(^p^)
あらすじ程度は把握できますけど、感情移入に至るほどストーリーを噛みしめることができない、というわけです。そういった面で考えれば、日本のRPGなどは感情移入しやすいゲームとして作られているなぁ、といった印象です。

そのかわりシステム面は変わったものが多い、というのが洋ゲーですかね。


そんなわけでディアブロ3本編。

クラスはいくつかあるんですが、モンクで始めました。女性キャラで始めると中々のイケメン。ええ、イケメンなんです。男キャラを選ぶと顔を長くしたクリリンになってしまうのでやめました。


モンクは格闘タイプのスキルが使えるクラスでして、連撃系のスキルが多いです。手数の多いインファイターで、中々のかっこよさ。

ただ・・・・・・、剣とか普通に装備できるんですけど、良いんですかね(;´∀`)
ナックルなら分かるんです。ナックルで高速の拳を見舞うところとかかっこいいですね。
で、でも、剣とか槍とかでも、同様のスキルが使えてしまうんです。


プレイヤーとしては、強いものは使ってしまうので、剣で百烈拳とか、槍で百烈拳とか使ってしまうんですけど、違和感がぬぐえません(;´Д`)

ナックルだけでプレイすれば良いんですけどね。ただ、難易度が今ハードなので、弱い装備にしていると囲まれて死亡するんですよ。なので仕方なく剣も使っています。まあ、気にしなければなんでもないことなんですが、やはり違和感がw


そんなわけでハードのまま一章のボス「ブッチャー」までいきました。
手応えの欲しい人はハードお勧めです。油断すると死にますし、油断していなくても死ぬ時は死ぬ。そんなスリリングな難易度です。あまり難度をあげると死に過ぎるのでグダります。この程度が良いかもしれません。

それでも一章のボスでは結構死にました。
即死級の攻撃がいくつかと、ステージが火に包まれるので、うまく立ち回らないと詰みます。周囲が火だらけになって、逃げ場がなくて死ぬなんてことになりました。

このあたりはダクソやデモンズをやっている気分でしたね。
立ち回りを工夫しないと勝てませんでした。


試行錯誤を繰り返し、安全な立ち回りを構築。そして討伐までこぎつけました。
ちなみにディアブロ3は結構グロ多めです。モンスターの死ぬバリエーションが多く、身体バラバラとか内側から吹っ飛ぶとか、串刺し死体とかザラです。画像自体は小さいので、そこまでグロさは感じませんけども。


一章をクリアーするとムービーが入り、↑のSSの天使が現れました。
天使ですよ、みなさん。私も最初は驚きましたがw

初見時は、どこぞのアサシンクリードかと思いました(^p^)


◆追記
2つの拍手ありがとうございます。
雪がやばいですね。こんなに振ったら移動が大変すぎます。なので家にこもってゲームをするです(真剣


Author:Ray
うとうとさせてしまう管理人Rayです。
ダークソウル、モンハンシリーズなどを中心に記事を書いています。
残念なところが多々ありますが、よろしくお願いします(´・ω・`)

当方はリンクフリーです。

※情報は古くなっています。ご注意ください。

◆プレイ中
 ・ダークソウル3
 ・フォーオナー

“志方あきこ”さんのJUKE BOXです。 詳しくはBOX上部クリックでサイトに飛びます。
当サイトはリンクフリーです。
相互リンクの際にはご一報ください。その他ご要望、ご意見などもこちらで承ります。

名前:
メール:
件名:
本文:

MHP3rd・攻略ブログ にほんブログ村 ゲームブログ×PlayNCBlogへ にほんブログ村 ゲームブログ モンスターハンターへ
にほんブログ村
ブログ検索にご利用ください(´▽`)