2012 / 10
≪ 2012 / 09   - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - -  2012 / 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【ダークソウル】太陽の騎士編31

では、今回はマヌスさんとのデートから参ります。


マヌスさんはとてもプリティーな方ですね。目方は一トンくらいあると思います。
愛のビンタが強烈で、叩かれると地べたにビターンされます。それと飛びつきもものすごい愛情です。ジャンプと同時に両手を振りかぶって、プレイヤーに向かって飛びついてきます。あまりの愛情に、プレイヤーは潰れます。

特にすごいのが愛の言葉ですね。
言葉が魔術となって飛んできます。まともに受けとったプレイヤーは死にます。即死です。

愛が重すぎて、耐えられるプレイヤーは中々いません。
それゆえに歪んでしまったマヌスは、深淵の穴の底で鬱々としているわけです。


紹介はこんな感じで良いですか?w


はい、というわけで死屍累々でございます。
一応私がド下手であると思われるのも寂しいので釈明しておきます。今回は自分が楽しむために縛っています。

内容としては、4周目のソラール縛り。レベルは100、中ローリング、武器や防具はソラールが装備していた物を使用。奇跡も大回復と雷の槍のみ。

なぜ最初に断っておくのかと言うと、めっちゃ死んだからですw
どれくらい死んだかというと、三日に渡る死闘でした。合計時間は5~6時間くらいかな?
こんなに死んだのは、最初期の四人の公王以来かもしれません。


前回にも書きましたが、最初の五戦くらいは接近戦対策に費やしました。
その後も工夫を重ねた結果、最終的に反時計回りが良いという結果になりました。ソロで攻略を目指すなら絶対反時計回りがお勧めですただし、後述する一点だけは時計回り推奨です


反時計回りの利点は、五連コンボを食らいにくいことにあります。凡ミスしない限り、十割に近い確率で回避が可能です。もう一点が、反撃しやすいことです。反時計回りだと、回避したあとやガードしたあとにマヌスの身体が近くにあります。そのためこまめに攻撃をあてやすいです。長期戦になりがちなので、こまめに攻撃を当てることがいかに大事か。千里の道も一歩からですよ。


ちなみに、近接攻撃で右手(杖)からの攻撃で始まった場合、たいてい五回攻撃してきます。五発目で長めの硬直があるので攻撃チャンスです。

左手からの攻撃は、およそ二パターン。一発目で止まった場合は反撃チャンスがあります。ただし二発目に繋がることも多々あるので見極めが難しいです。最初のうちは、硬直が長いと思った時だけR1で攻撃しておくのが良いです。

あとは左手溜め後ビターンは、前回書いた通り。左手が動いたと同時にローリング。
飛びかかりは、タイミング良く横ローリング。
ジャンププレスも同様。ちなみに直剣の場合、回避したあと突きを出しておくと命中します。


盾ガード主体で攻略していれば、そこまで困った状況にはならないとは思います。


困ったのが魔法攻撃です。四周目はHP1400ほどあっても即死攻撃が二種あります。
対処の簡単だったのは、上から流星のように落ちてくる魔法。後ろや斜め後ろにさがるだけで被弾を抑えることができます。ガードはしない方が当たりにくいみたいです。

次に対処として簡単なのは、包囲からの集中魔法。
外円に魔法の球体が発生したあと中心に向かって撃たれる魔法。これは完全に分からん殺しでした。対処法は、ロックを解除して背中に向かってガードするだけ。しかしこれを発見するまでに何度死んだことか。

一発食らうと即死だったので、性質の悪い冗談でしたね。出されたら確実に死んでましたw
後ろにローリングしてもかわせなかったので、最終手段で背中に向かってガード。成功した時は思わず歓喜ですよ。この対策を構築するのが一番大変でした。なんせ確殺でしたから。

最後に一番怖かったのが、扇状に魔法を撃ち出すカメハメ波。
構えがカメハメ波みたいだったのでそう名づけました。これはガードしていても、場所が悪いと確殺です。ちなみにローリングで回避してもダメージを食らうことが多く、最後の難関でした。

この魔法が、唯一時計回りで回避しなければならない魔法です。
反時計回りで回避しようとすると、場所によっては死亡が決定していました。いわゆる詰みです。
しかしこの魔法だけ向かって左側に回避することで、非常に被弾率が下がります。

というわけで、カメハメ波の構えを見たら時計回りしながらローリング


ここまで対策を構築できれば、あとは集中力と忍耐力の勝負です。

エストは魔法の削りダメージを回復するのに使うので、できれば20あった方が良いですね。


私の最終戦はすごかったですよ。

残り五目盛、つまり残りHP一割強で倒せるところまで来たんですが、そこでエストが尽きました。ここまでおよそ25分かかってます。焦った結果、凡ミス。その戦闘で始めての五連コンボを食らいました。

死んだあああああああ、と思ったら一ミリないくらいHPが残っていました。体力がMAXだったからかもしれません。

魔法来たら死ぬ、魔法来たら死ぬ、という緊張感の中、マヌスは再び五連コンボを放ってきました。五連コンボは一発目が当たらなければ、かなり時間的猶予があります。そこに大回復をねじこんで全快。

最後のギリギリまで緊張を抜けないまま、ついに討伐。


討伐後は放心状態( ゚ ρ ゚ )


感無量でございました。


死にに、死にまくりましたが、非常に楽しかったです。


とりあえず、マヌスは倒しましたが、まだやるべきことは残っているようです。というわけで次回からは、攻略を見て抜けているところを探します。


◆追記
3つの拍手ありがとうございます。
本来三日に渡って死に続けたら、そのゲームが嫌になるかもしれません。しかしマヌス戦はそんなことなかったです。確かに難しいんですけど、一つ一つに必ず対処法がありました。そのため、死んでも次はこうしよう、という発想が浮かぶわけです。そのため死んでる時も、わりと楽しくやっていました。そういった意味では良ボスです。

4拍手目ありがとうございます。
正直マヌスとは、攻略が書けるくらいやりました。一周目のマヌスは実際どのぐらいの強さなんでしょう。ちょっと気になるところです。さすがに即死がごろごろしているなんてことはないと思いたいですが。

5拍手目ありがとうございます。
正直、周回でのソラールさん縛りは中々きつかったですね。聖獣相手も中々きわどい勝負でしたし、マヌスの魔法がマジキチ状態でした。ただ、やりこんでいるドMさんにはお勧めですね。間違いなくうまくなります、マヌス戦はw

6拍手目ありがとうございます。
マヌス戦は本当に楽しかったですね。一周目ならこんなに苦戦はしなかったのかもしれませんが、苦戦したからこそ得られる達成感は、他のものにかえがたいものがあります。単純に難易度をあげるのではなく、プレイヤーが試行錯誤をすることで初めて得られる、その難しさ。フロムのこういうところは職人芸という他ないと思います。




スポンサーサイト

【ダークソウル】太陽の騎士編30

今回はウーラシール市街を抜けたところからです。


次のエリアは深淵の穴という場所でした。
雰囲気としては巨人墓場に似ていますね。太陽虫がなくても一応見えますが、ダッシュで走っていたら谷へ真っ逆さま、なんてことはありそうです。


ここには市街でも見かけた、蜘蛛みたいな顔をしたモンスターがいますね。
たいした強さではないのでこちらは簡単に処理できますが、魔法を使ってくるのが厄介。暗闇から突然魔法を撃たれたなんてこともあります。

市街と比べると敵の強さがあがっているみたいなんですよね。市街では食らってもHPが半分減るくらいだったと思うんですけど、深淵の穴だと八割もっていかれます。クリーンヒットしたあと、ガードしても削りで死ねます。


そしてここで目を見張ったのが、亡霊ですかね。二度見しましたよw
白いオーラを放った黒い人が、ただぼんやりと立っているんですよね。集会に集まった人みたいにたくさんいました。ほんのり人間に見えるところが気持ち悪いですね。よく考えますよ、ほんと。

しかも親子みたいに大きい者や小さい者と、個体差があるという。一緒に歩かれるとまるで親子を倒しているような気分になります。

変な想像させないで:((´゙゚'ω゚')):


亡霊はけっこうタフで、突き攻撃をしても中々死んでくれなかったですね。三~四発は必要でした。呼んだつもりはないんですが、一体引きつけたら何体かついてきてしまいまして、逃げるために横道に入ったんですね。

そしたら、ボワ~~~ンって音がなりまして床が消えた。

久々に驚きましたね。トイレ行っといて良かった。
落ちながら、これ死んだなと思っていたんですが、意外にも地面がありました。フロムが優しいなんて信じられません。

そこはどうやら隠し通路のようでした。なにかが光りながら逃げていったんですが、あれはなんだったんでしょう。

そのまま光る者を追いかけたんですが、途中で見失いました。うろうろしていたらメッセージに隠し通路というのがあって、試しに付近を攻撃していたら発見。そこには亡霊と、なんとシフがいました。光っていたのはシフだったのかな?

シフはアルトリウスの友人でしたね、狼ですけど。しかもここでは普通のサイズ。話しかけたら消えちゃいました。盾をもらいましたけど、重すぎるw


あとは奥へ奥へと進み、霧を発見。ボス戦ですね。

ボスの名前は深淵の主マヌス。深淵の穴と言い、マヌスと言い、ネーミングがw
卑猥だと思った人は、人間性を捧げた方が良いです。


というわけでマヌス戦。

とりあえずですね、タフ過ぎるw
HPを1/3減らすのに、約10分かかるんですよ。つまり順調にいっても、マヌスを倒すのに30分かかるということです。

これがきついんですよ。即死に到る攻撃がいくつかあります。またガードを割られる攻撃もいくつかありますから、30分集中を持続させろという無茶です。

最初の段階で対策を考えたのは五連コンボ。もう出会った方は分かると思いますが、近距離で放ってくる必殺技みたいなものですね。離脱前に一発目がヒットしてしまうと、三発目でガードを割られ、四発目で七割ダメージ、五発目で残り二割もっていかれます。二発食らっただけで即死級。もちろんまともに食らったら即死です。

というわけで、一~五戦目まではこの対策構築にかけたようなものです。

他にも、左手溜め後ビターンが厄介。ガードを割られる時がありましたので対策しました。
溜め後、左手が動いたと同時に横ローリングすればかわせます。右にローリングしておくと反撃しやすいです。慣れれば十割近く回避できると思います。


このように序盤は、ダメージをもらいやすい攻撃の対策で精一杯。もちろん勝てません。


マヌスに関してはまだまだ書くことがありますので、次回にしておきます。


では、またお会いしましょう(´∀`*)ノシ


◆追記
拍手ありがとうございます。
つらかった、マヌス戦がすごいつらかったです。でも楽しかった。一つ一つ攻略法を見つけていくと、生存時間が延びるんですよね。面白いです。最終的には近接攻撃をほぼ見切れるようになっていました。人間の慣れというのはすごいものです。

2拍手目ありがとうございます。
あとで気づきましたけど、亡霊は人間性だったんですよね。道理でどこかで見たことあると思いましたw しかしあのデザインは秀逸だなぁ、と思いました。初見プレイヤーは思わず足を止めたに違いない。

3拍手目ありがとうございます。
初見マヌス戦はかなり死んだけど楽しかったですね。一つ一つ攻略していけば、生存時間も長くなりました。たまねぎの皮をむくように、徐々に進めていくんですよ。




【ダークソウル】太陽の騎士編29

今回はコロシアムを抜けたところからです。


すぐにかがり火がありました。
ボス戦後の傷ついた身体にぬくい(*´∀`*)


とりあえず、注ぎ火をしておきまして、エスト瓶を20にしました。

次はウーラシール市街という場所に入りましたね。
見晴らしの良い場所で、遠くまで見渡せました。明るかったですし、比較的やりやすいエリアかな、なんて思っていたんですよ。

そしたら付近から、「ウフィフィフィフィ」とか「ヒャーーーハッハッハ」とか遠くから聞こえてくるわけですよ。

( ^ω^)・・・

ここはラトリアか?
笑い声が怖いんですけど。


そんなことをしていたら、早速侵入されました。デスヨネー。
見たことない魔法を使われましたよ。黒い浮遊みたいな魔法です。ローリングでかわしましたけど、食らったらやばかったんでしょうね。

ケツの掘りあいをしつつ、相手を蹴落としてやろうともしたんですが、相手にパリィを決められて死んでしまいました。

(#`Д´)許さん!!

ソラールさんで戦っていたとはいえ、腕が鈍ったような感じでした。また修行せねば。


そういえばコロシアムで未探索の場所があったのを思い出し、一度戻りました。するとアルトリウスと戦ったところに新しいキャラがいました。お墓をつくって、弔っていたようです。

弔うのでアルトリウスの魂を譲ってくれないか、と言われたのであげました。代わりに短剣と曲剣をくれました。この短剣致命160ってすごいね(;゚Д゚)


再びウーラシールの市街へ戻り、攻略再開。
ここでは新魔法を使ってくる敵がいましたね。まともに食らうと半分減るんですけどw
ガードしても1/4くらい。痛い。

橋を挟んだ向かいにその魔法を使う敵がいましたね。いやらしい配置をします。
タイミングを見て橋の上を走り、魔法が来たと同時にローリング。成功してそのまま敵に肉薄。ぶったぎってやりました。


そんなこんながありつつ、市街地をどんどん降りていきます。

下層部へいくと大分暗くなりました。敵が蜘蛛の目みたいな顔をしていることに気づきました。
だって暗闇で赤く光ってるんだもの!!
気持ち悪い演出に関しては、追随を許さないですね。


下層部も終盤近くになると、変な敵に出会いました。なんというか、言葉で形容しがたい。
下半身だけの巨体の人に、鎖をぐるぐる巻きにして、柱を上からぶっ刺したみたいな。
攻撃が弾かれるのには驚きました。隙が出来た時に攻撃を食らい、HPを半分削られるという。

しかもこっちの攻撃は20台って、いくらなんでも堅すぎです(;´Д`)
さすがに雷の槍を使って倒しました。一発で300くらい与えていたと思います。


魔法式エレベーターを降り、さらに新たなエリアへ。

どんどん暗くなっていきますね。可視ぎりぎりの暗さが次のステージ。


というわけで、今回はここまで。また次回(´∀`*)ノシ


◆追記
拍手ありがとうございます。
現在、深淵の主様と交戦中。色々分からん殺しが酷いです。でも、なんでしょう。何回やられてもあまりイラつかないんですよね。むしろ日々の疲れがとれていっているような。これがMの境地ですかw

2拍手目ありがとうございます。
ウーラシール市街は何気にデモンズのラトリアより不気味でした。なにが嫌かって、笑い声がうますぎる。どうしてああも不安にさせる笑い声を出せるのかw

3拍手目ありがとうございます。
ウーラシール市街は、昼間なのにあの笑い声で、気分は最悪です。ああも簡単に人を不快にさせることができるのは、ある種の才能です。




【ダークソウル】太陽の騎士編28

さて、今回はショートカットを開いたところからです。


場所はコロシアムの前。
正面の入り口には霧がありまして、ボスの気配が濃厚でした。

ショートカットも開通しましたし、他の場所に行くよりもまずここかなと思い、入りました。


すると出ましたね、アルトリウスが。
今回のDLCのサブタイトルにもなっているアルトリウスです。

体格は大きいですね。自分のキャラが180前後だとするなら、230くらいはありそう。頭二つ、三つ違いがありました。それと剣が巨大でしてね。片手でブンブン振り回します。左手をだらりと下げていたところから推測するに、怪我を負って使用できない感じでした。

そして、いかにも暴走している感じ。
身体から紫や濃紺のオーラを放ち、禍々しさがありました。

個人的にはベルセルクのガッツを彷彿とさせました。モチーフにしているんじゃないか、というぐらい節々にガッツの印象を受けました。

ガッツも全身甲冑に身を包みますし、実質片手で特大の剣を振るいます。おまけに回転しながら跳躍して斬りつけてくるところなんか、ガッツそっくり。このあたりは製作者に訊いてみたいところ。


さてその一戦。
強い、というか隙がない(;゚Д゚)

反撃のタイミングを発見するまでに、時間がかかりました。
基本はガードに徹し、攻撃できる時だけ手を出します。ダメージ53、HPがいくつあるのか分かりませんが、また一目盛減ってるのか減ってないのか分からないぐらい。
当然のように長期戦です(;´Д`)

対して私の方は、二~四発くらいで死にます。
途中から「解放」みたいなアクションを取り、これが成功してしまうとアルトリウスが強化。盾受け時のスタミナ減少が激しくなり、ダメージも1.5倍ほどになります。この状態だと二発で死ねるので、かなり用心して戦いました。

しかしこの「解放」妨害することができます。
アルトリウスが溜め始めたら、即近づいて攻撃します。怯ませなければならないので、両手持ち推奨。ちなみに直剣両手持ちだと三発で妨害できました(すべて同じかは分かりません)。二回バックステップしたらよく溜め始めるので、狙ってみてください。


それに気づくまでに時間がかかったんですよね。強化状態のダッシュ突きを食らうと、一発で盾をめくられ、八割ほどのダメージを食らっていました。死因につながるのは主にこれでした。よって強化された場合は、ローリングで回避していました。

あとは半時計回りで立ち回るのが良いですかね。左腕が使えないので、右腕側から攻撃がくることが多いんですね。特に突きは、左手側に動いているとかわしやすい印象です。そのため反時計回りが良いと思います。

反撃はジャンプ回転切りの時にしていました。一発目をローリングで回避、二発目以降は敵を中心に反時計回りをすることで空振りを誘発できます。この時にチクチク地道にダメージを与えていきました。


というわけで、長期戦の末なんとか撃破。五回目くらいでしたかね。
聖獣の方が死亡回数は多いです。でもアルトリウスの方が強かった気はします。ブランクが戻ってきたのかな?


アルトリウスをようやく倒して、付近を探索。

なにやら対人戦のコロシアム的なところを発見。これはあとにします。


先へ進むとウーラシール市街という場所に出ました。

あとは次回にしておきますかね。
まだ進んでいるんですけど、書いたら二倍くらいになりそうです(;´∀`)


というわけでまた次回(´∀`*)ノシ


◆追記
拍手ありがとうございます。
1周目だとどの程度の強さになっているんでしょうね。気になります。
4周目はですね、持久戦ですw 敵の体力が高いので、いかにリスクを減らすかが大事になります。おかげさまでアルトリさんは後半完封できるようになりました。

2拍手目ありがとうございます。
今思い出しましたけど、そういえばコロシアムへ行く前に、行けるところがありました。未来の世界だと湖獣のいたあたりですかね。ボス戦がありそうだったので引き返してしまったんです。あとで行かねば。




【ダークソウル】太陽の騎士編27

はい、というわけでアビスエディションに突入でございます。

前回書きました方法で無事、新エリアへ行くことができました。
まだの方は、図解で説明されたページが追加されていましたので、ご覧ください。 
 →DLC新ステージへのアクセス方法


前回紹介したラジオ聞きました。やはりどこかユニークな宮崎さん。あの人からダークとかデモンズが生み出されているとは、ちょっと考えづらいところもあります。茶目っけがありますし、とてもシャイな人柄が見て取れます。しかし中身はドロドロの泥人形なのかもしれません。


というわけで本編です。
ペンダントを手に入れて湖に行くと、すぐに異界の穴を発見しました。なんというか、あんな掴み方しなくても良いじゃないかと思います。普通の人間ならもみくちゃになってそうですね。きりもみ状態で穴の中に引きずり込まれました。


出た場所は、苗床戦のボスの場所みたいなところでした。土を掘っただけのトンネルの中で、根っこがそこら中から飛び出していました。そのトンネルを先に進んでいくとさっそく霧が。

もうボス?

と霧をくぐりました。
すでにメッセージがちらほらありました。「尻尾が有効」とか書いてありましたね。
戦ってみて思いましたが、これは尻尾が弱点、というわけでなく尻尾が切れるという意味なんでしょうか。そんな気配があります。


霧を抜けた先には、聖獣という名のキメラがいました。全然聖獣っぽくないw

というわけで戦闘開始。
初戦は、突風を食らったんですよね。突風を食らうとガードしていてもよろめくのは確定のようです。よろめくと突進攻撃も確定するようです。この一撃で9割食らいます。削りダメージでも死ぬので、絶対回避しなければならない攻撃。

みなさんバランスはいかがでした?
私の環境は前回の記事に書いていますけど、良いバランスです。中々勝てないですけど、勝てないほどじゃない。このゲームをやるにおいて、まさに調度良いです。運が良いと思います。

途中、尻尾を切るのも狙いました。しかし攻撃チャンスが少なすぎますね。突進、空中突進をかわした時にチャンスはあるんですが、ちょっと時間がかかりすぎます。切断を狙うと二時間も三時間もかかりそうだったので、今回は倒すことに専念しました。

何度か死んで、突風を完全回避できるようになりました。その後、雷もほぼ回避できるようになり安定しだしました。ただ、一発の攻撃で一目盛ぐらいしか体力が減らなかったので、かなりの持久戦。

回復するタイミングは、頭上を飛び越えて雷を放ったあとに隙ができるので、その時にしました。突風を回避したあとでもできるかと思ったんですが、あのキメラ突進しやがりましたw

というわけで、持久戦の末クリアー。


そこから道なりに進んでいくと、石像がたくさんある場所に出ました。デモンズの時の楔の神殿を思い出しました。あそこには人そっくりの石像があったんですよね。こちらは風化して丸くなっていますが、人らしき像だったところがうかがえます。

そして秋口を思わせる茶色と黄色の森の景色がなんとも良い雰囲気なんですよね。
キングスフィールドというゲームがフロムから出ているんですが、あのゲームにもこんな風景がありました。神秘的とはまた違う暖かな森の風景がそこにありました。

こういうところが好きなんですよねぇ。

そうやって風景に目を奪われながら散策していました。


Σ(゚Д゚)

びっくりしたぁ。
風景にまぎれて、でかいキノコがおったw
しかも顔つきのやつです。ワンパンで殺されたことがあるので、パパキノコはトラウマです。

襲ってはこなかったですが、念のため距離をとりました。反応がなかったので、ひとまず散策を続けることに。

散策を続けていると、そのキノコの頭だけが見えるあたりにメッセージがありました。

「ヘッドショットが有効」 評価数2

(・∀・)・・・・・・

これを見て私は逆に、このキノコは仲間だなと思いましたw
君たちはほんとに好きだね、嘘メッセージが(;´∀`)
ただ、ダークソウルに戻ってきた感じがしたよ。ありがとうw

近づいてみてもロックできなかったので、仲間で確定。話しかけました。
キノコの名前エリザベス。ネーミングセンスがすごい。エリザベスから起こった出来事を聞き、更に奥へ進むことに。


そこから少し開けた丘のような場所に出ました。
途中デジャヴを感じて、なんでだろうと考えました。そこでふっと思い出しました。この丘のような場所、黒い森の庭だったんですね。雰囲気がまるで違ったので最初は気づきませんでしたが、思い出しました。遺跡のようなものも出てきて確信がもてました。

明るさや木の本数でこれだけ雰囲気変わりますか。気づいた時は驚きましたよ。

そしてこの森に出てくる巨人が堅い。片手R2を十発は叩き込まないと沈みません。こちらは二~四発で死ねるので怖いです。特に樹人とセットで動いてくるのが怖いです。


そんなわけでエレベーターみたいなショートカットを開くところまでは行きました。
今回はここで時間切れ。


やはり初見が楽しすぎる。
罠もありますし、ちょっとした油断で死に掛けますし、スリルがたまらんです。特に、この先進んで大丈夫か、いったん引き返すべきでは、という手探り感がたまらないですね。選択間違うと死ぬ時がありますからね。早く次の篝火を見つけたい。


気づいたら長くなってましたね。というわけで、また次回(´∀`*)ノシ


◆追記
拍手ありがとうございます。
うわあああん、書けば書くほど長くなっていく傾向になるう(´;ω;`)
読むの大変でしょう。短めにしたいけど、なぜかおさまらない('A`)

2拍手目ありがとうございます。
ふ~む、DLCがもう終わりそうな気配がありますね。1200円ですし、そんなに長くはないですか。もっと欲しいぞ~。新作でもDLCでもどちらでもカモ~ン。

3拍手目ありがとうございます。
やっぱりダーク楽しいですね。現在新キャラでやり始めてますけど、なんどやっても育成が楽しいんですよね。キャラの方向性によって、脳筋、技量、アンバサ、魔法使い、他にも派生がありますから、いくらでも楽しめる気がします。




Ray

Author:Ray
うとうとさせてしまう管理人Rayです。
ダークソウル、モンハンシリーズなどを中心に記事を書いています。
残念なところが多々ありますが、よろしくお願いします(´・ω・`)

当方はリンクフリーです。

※情報は古くなっています。ご注意ください。

◆プレイ中
 ・ダークソウル3
 ・フォーオナー

“志方あきこ”さんのJUKE BOXです。 詳しくはBOX上部クリックでサイトに飛びます。
当サイトはリンクフリーです。
相互リンクの際にはご一報ください。その他ご要望、ご意見などもこちらで承ります。

名前:
メール:
件名:
本文:

MHP3rd・攻略ブログ にほんブログ村 ゲームブログ×PlayNCBlogへ にほんブログ村 ゲームブログ モンスターハンターへ
にほんブログ村
ブログ検索にご利用ください(´▽`)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。