2017 / 09
≪ 2017 / 08   - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017 / 10 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ボウガン基礎知識2<弾丸編>

この記事は、「ボウガン基礎知識1<装填&反動編>」の続きです。



では、今回は弾丸について書いていこうと思います。


装填、反動についてもそうですが、ボウガンを使おうと思った時、迷うのが弾丸です。
というのも、弾丸は種類が多く、ものによって一癖二癖あるものも見られます。
初めて使おうとした時、いったいどれを使えば良いのか全く分かりません。

そういったわけで、ボウガンという武器が好きな人でもない限り、いきなり手を出そうと思えないのが実情なわけです。


というわけで、まずは弾丸を分類ごとに見ていきましょう。


◆弾丸の種類

弾丸はおおまかにわけて九種類あります。
通常弾、貫通弾、散弾、徹甲榴弾、拡散弾、回復弾、状態異常弾、属性弾、その他。
私が仮につけた名称もありますが、だいたいこんな感じです。
では、それぞれ一つずつ見ていきましょう。


▽通常弾
 ○特徴:単発の威力が高い弾。近いほど威力が高く、零~中距離でクリティカル距離となる。
 ・1Lv:ダメージが通常2の半分以下と低く、ほぼ使わない。
 ・2Lv:通常弾といえばこの弾。カラの実、ハリの実にて調合可能。
 ・3Lv:跳弾が起こりダメージが加わるが狙って起こせない。通常2よりダメージが低い。
 (クリティカル距離:該当距離だと、着弾時のエフェクトが大きくなり1.5倍のダメージ)


▽貫通弾
 ○特徴:敵に対し複数ヒットする弾。主に大型モンスター用。中距離がクリティカル。
      弾丸のレベルが上がるとヒット数が増える。
 ・1Lv:ヒット数3。1発のダメージが貫通上もっとも高い。カラの実、ランポスの牙で調合可能。
 ・2Lv:ヒット数4。体の大きなモンスターに有効。貫通は大抵Lv1か2を使用する。
 ・3Lv:ヒット数6。6ヒットもする敵が少ないため、ラオ・シェンぐらいしか使わない。


▽散弾
 ○特徴:主に雑魚的用。前方扇状に広がる。味方の邪魔をしやすいので注意が必要。
 ・1Lv:ヒット数3。
 ・2Lv:ヒット数4。散弾は雑魚掃除用に一種類あれば問題ない。なくてもそれほど困らない。
 ・3Lv:ヒット数5。


▽徹甲榴弾
 ○特徴:肉質無視であるが拡散弾の方が利用価値は高く、ほぼ使用しない。
      音爆弾の代わりにはなる。Lv1~3まである。


▽拡散弾
 ○特徴:肉質無視の弾。攻撃力に依存しないため、ヘビィよりライト向き。Lv1~3まである。
      使用される弾はもっぱらLv2。理由は「カラ骨【小】+竜の爪」で調合撃ち可能なため。


▽回復弾
 ○特徴:Lv1と2がある。回復薬が使えない時には利用価値が高い。自分は回復できない。
      平常時はモンスターから目を離さなければならないためあまり使わない。
      なお、モンスターに当たっても1しか回復しないのでその点は気にする必要はない。


▽状態異常弾(毒・麻痺・睡眠)
 ○特徴:Lv1~2がある。肉質無視で睡眠弾を除いたLv2の威力が高く、ミラなどで使用される。
 ・毒 :毒もあるため、硬い敵に威力を発揮。「カラ骨【小】+イーオスの牙」で調合可。
 ・麻痺:麻痺要因として非常に優秀。「カラ骨【小】とゲネポスの牙」で調合可。
 ・睡眠:持ちこめる弾が少ないため、使用は限られる。高威力も期待できない。


▽属性弾(火・水・氷・電・龍)
 ○特徴:クリティカル距離が存在しない。しかし他の弾より射程が短い。
 ・火炎:通常の特性を持つ。属性弾の中で最も便利。「カラの実+火薬草」で調合可。
 ・水冷:貫通の特性を持つ。威力が弱く、ほとんど使わない。
 ・氷結:貫通の特性を持つ。威力が弱く、ほとんど使わない。
 ・電撃:貫通の特性を持つ。水冷、氷結よりは使う機会がある。
 ・滅龍:貫通の特性を持つ。店で購入できず、調合持込みも少ないため、ほぼ使われない。


▽その他(捕獲・ペイント・鬼人・硬化)
 ・捕獲麻酔弾:装填しなければ使えないため、捕獲麻酔玉を使用した方が良い。
 ・ペイント弾:ペイントつける弾。使えなくはない。
 ・鬼人弾  :複数に鬼人役をつけることができる。使う必要はあまりない。
 ・硬化弾  :複数に硬化役をつけることができる。使う必要はあまりない。



◆弾丸の装填値と反動値

小部屋のボウガンシミュレーターを参考にした方は分かるかもしれませんが、
実は弾丸にも装填と反動がそなわっています。
そのため弾によって、装填が速かったり遅かったり、反動が大きかったり、
小さかったりするわけです。

これについては弾の種類に応じて二つに分類しておきます。


▽装填・反動が軽い弾丸
 ・通常弾、貫通弾、散弾、属性弾(滅龍以外)
 ※こちらの弾は反動、装填軽減がなくても扱いやすい弾がほとんど。

▽装填・反動が重い弾丸
 ・徹甲榴弾、拡散弾、回復弾、状態異常弾、滅龍弾
 ※こちらの弾は反動、装填軽減がないと扱いが難しい。


装填、反動のスキルが重要になってくるのは後者のタイプです。
通常、貫通しか使わない人はスキルなしでもいけますが、サポートをしたい
場合などは、後者も必要になるでしょう。



◆弾丸まとめ

最後に推奨の弾丸を記して今回は終わろうと思います。

▽推奨弾丸
 ・通常2、貫通1&2、散弾1or2、火炎弾
 ・拡散2、毒2、麻痺2


弾丸は色々ありますが、威力を考慮に含めるとだいたいこんなものです。
求人などで使われるのもこのあたりの弾丸が主体になっています。
もちろん例外はありますけどね。そんな感じで今回は終了。

次回は「実戦の運用について」です。


◆参照
 ・MHF Wiki ボウガン/弾まとめ
スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする















Ray

Author:Ray
うとうとさせてしまう管理人Rayです。
ダークソウル、モンハンシリーズなどを中心に記事を書いています。
残念なところが多々ありますが、よろしくお願いします(´・ω・`)

当方はリンクフリーです。

※情報は古くなっています。ご注意ください。

◆プレイ中
 ・ダークソウル3
 ・フォーオナー

“志方あきこ”さんのJUKE BOXです。 詳しくはBOX上部クリックでサイトに飛びます。
当サイトはリンクフリーです。
相互リンクの際にはご一報ください。その他ご要望、ご意見などもこちらで承ります。

名前:
メール:
件名:
本文:

MHP3rd・攻略ブログ にほんブログ村 ゲームブログ×PlayNCBlogへ にほんブログ村 ゲームブログ モンスターハンターへ
にほんブログ村
ブログ検索にご利用ください(´▽`)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。