2017 / 06
≪ 2017 / 05   - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 -  2017 / 07 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ACVプロデューサー鍋島俊文氏インタビュー

インタビュー記事を箇条書きにまとめてみました。

まとめたはずなのに、結構長いかもw
原文ほどじゃないですけどね。私的感想も付け加えてみました。



・ACはなにげに15年近く続いているシリーズ。
 それゆえに同じことをしているだけではだめだと思った。
・今回ステージを押し上げるために必要なことをしていった。ひとつがマルチプレイ。
・アーマード・コアという名前を外そうとさえ考えた。
 名前を捨てよう! いや必要だ! という議論を延々とやったらしいw
・新しいものをつくる上でオンラインは必須だった。

・攻撃防御の属性が三つあり、相性が出やすくなっている。
 つまりジャンケンだと思う。今回はグーにチョキでは勝てないぐらいの仕様かも。
 ただしドミナントは除く。
・軽量機体で重装甲タンク相手だと倒せない場合がでてくる。
 オペレーターの指示で判断することもできるが、機体に発生する跳弾でも判断できる。
 動画でも硬い敵には弾がはじかれていた。スキャンモードでも相性を判別できる。
・スキャンモードのグラフを作った人は、元ACプレイヤー。
 グラフの曲線がかっこいいと言い、昔はノートにまでデータを書いていた変態。

ACV007

・オンラインをやっている人は1割程度だった。それはもったいない。
・そこでオフとオンの垣根を取っ払った。
・起動画面が、ゲーム内のAC端末起動。
 動画にあった「おはようございます」のこと。 → 参考
・コミュニケーションに関しても、PC、携帯、スマホからでも
 情報チェック、書き換えなどができるらしい。
・プレイヤーを24時間AC漬けにしたい。別の意味で大丈夫かこれw
・DLCもあるよ。単純なお金儲けとしてはやらない。かっこいい、痺れる。
 あくまでACVをより楽しむためのものになりそう。

ACV019-2

・今回はロボットというよりは機械。車、バイク、飛行機、戦車のイメージに近い。
・ギミックなどのカッコイイつぼを押さえるのがうまいフロム。私も完全同意。
・参考は実在する機械をモチーフにしているので、リアリティがある。
・機械っぽいギミックなどは、グラフィックの人が勝手に作ってしまう。
 その方が良いものができるらしい。変態企業にいる人はやっぱり変態だった。

・プレイ動画を見てもらうまでは不安だったが、今は少し安堵している。
・今回は制作期間が三年以上ということで、かなり時間をかけて作っている。
 それだけに今までできなかったことを盛りこんでいる。

ACV027

・最後にメッセージ。
 マルチプレイをぜひ楽しんで欲しい。
 今回は対戦だけがメインではなくて、色々な楽しみ方を盛りこんでいる。
 「うまい人=偉い人」にならないよう、様々なアプローチで遊べるようにしている。
 チームをまとめる人、エンブレムを作る人、オペレーター専門の人
 ガレージでひたすら遊んでいる人など、様々な遊び方をして欲しいとのこと。
・夢をいえば女性オペに指示してもらいたいけど、男99.8:女0.2という残念比率。
・今回は新しいものを作ろうとしているし、それができあがろうとしている。
 期待を裏切らないように頑張りますとのこと。




記事まとめは以上です。

USTの動画を見た人は鍋島プロデューサーがどんな人かは分かると思いますけど、ゲーム作りに対して心血を注いでいることがよく見てとれます。
そして今回のACVはシリーズの中でも記憶に残るものになるでしょう。

ACはとっつきにくいところがあるかもしれませんが、その難しさは、プレイヤーが自由に機体を作れるように、また自在に操作できるようにしているからです。今回はシリーズ至上もっとも簡単な操作を盛りこんでもいるそうなので、初めての人にも馴染みやすいかもしれません。フロム仕様かもしれませんけどねw

初めてACを扱って全然動かせなかった人も、いずれ手足のように動かせるようになります。そこまでいくには根気と慣れが必要ですが、一度慣れてしまうとパイロット気分どころか、自分自身がパイロットになります。

そうなるとACはやめられない。


◆参照 4Gamer.net
「アーマード・コア」の名前を外すことも考えた――鍋島プロデューサーが語る「ARMORED CORE V」へかける覚悟


◆追記
拍手ありがとうございます。
文章を見るだけでは分からなかった点が、ここにきてどんどん出てきていますね。今作を眺めていて、つくづくフロムは変態だなぁと感じました。しかも自覚症状のないところがまた変態。

2拍手目ありがとうございます。
個人的にオペレーター戦をすごく動画でみたいんですよね。自分じゃできないと思うのでw
双方が思考戦くりひろげてるとことか、胸が高鳴り過ぎてやばい。

3拍手目ありがとうございます。
今回のストーリーモードは驚いたことに、キャラクター性を押してきてるみたいですね。AC4みたいになるのかしら。ACはあまり、ストーリーを前面に押してこないですけど、AC4みたいのなら全然ありだと思います。

4拍手目ありがとうございます。
久々の拍手ありがとうございます。九ヶ月間やった感想としては、色々な意味で記憶に残った作品ではありましたw でもこれで悪いところはできったと思うし、あれが底辺だと思えば発展性は多いにあると思います。すでに次回作の情報も出てきていますが、そのSSを見てうずうずしています。病人か(;´∀`)

スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする















Ray

Author:Ray
うとうとさせてしまう管理人Rayです。
ダークソウル、モンハンシリーズなどを中心に記事を書いています。
残念なところが多々ありますが、よろしくお願いします(´・ω・`)

当方はリンクフリーです。

※情報は古くなっています。ご注意ください。

◆プレイ中
 ・ダークソウル3
 ・フォーオナー

“志方あきこ”さんのJUKE BOXです。 詳しくはBOX上部クリックでサイトに飛びます。
当サイトはリンクフリーです。
相互リンクの際にはご一報ください。その他ご要望、ご意見などもこちらで承ります。

名前:
メール:
件名:
本文:

MHP3rd・攻略ブログ にほんブログ村 ゲームブログ×PlayNCBlogへ にほんブログ村 ゲームブログ モンスターハンターへ
にほんブログ村
ブログ検索にご利用ください(´▽`)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。