2017 / 08
≪ 2017 / 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 / 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【ダークソウル】スタブテクニック

私の心の中の師匠がやってくれました。

スタブに関して実践した動画をまとめてくれましたので、その紹介をしようと思います。

ただ、動画内ではそれぞれのやり方が書かれていませんので、不肖ながらこの自称弟子が、その補足をしようと思います。動画はなにかと便利なものの、長文の説明には向いていないみたいですね。というわけでまずは動画をどうぞ。





◆ロリスタ
1、相手の武器の振りにあわせて、脇を抜けるように前ローリングする。
2、ローリング中ロックを解除する。
3、ローリング終了と同時に相手の背中へ向き、R1を押しスタブする。

主にモーションの大きな武器に対して使います。硬直の少ない武器に対しては成功しづらいです。対人戦中はロックをしながら戦うことが多いと思いますが、ロリスタはスタブの直前にロックを外していなければなりません。ロックしたままだと振り向きが遅くスタブになりません。


◆ロリ狩り
1、相手がロリスタしてきた時に使用。ローリングを見て素早く後ろに張りつく。
2、ローリングの無敵状態が解けたあたりでR1。

ロリ狩りは、主にロリスタの返しにしか使用できません。ロリスタは相手の脇を抜ける特性上、距離が近いです。そのため背中を取りやすいということです。近場なら相手の横ローリングも狩れるかも。デモンズではできましたけど、ダークでは未検証。


◆回りこみスタブ
1、相手のパリィを読む。あるいは横に回りこみながら攻撃し硬直させる。
2、背中に回ってスタブ。

普通のスタブに近いです。パリィを多様する相手などに使います。また動画内でもある通りガードした硬直を利用しつつ回りこむことで攻めにも使えます。できるだけ小さく回った方が成功しやすいです。またパリィ読みの時は、思い切って前進することが大切。迷うと間に合いません。


◆回りこみスタブ返し
1、相手が回りこんでくるのを察知する。
2、相手が右から来たら右へ、左から来たら左へ回りこむ。
3、相手の背中に回った瞬間R1でスタブ。

こちらとスレスタ返しはほぼ同じです。回りこむ時は相手よりも大回りすること。動画をよく見てもらえば分かりますが、相手よりも外周を回ってスタブしています。そうすることで有利にスタブできますが、デモンズの時はなぜか相手からもスタブを食らうことがありました。タイミングが重要なので、これは動画を参考にしつつ練習してください。


◆スレスタ
1、主にダッシュして相手とすれ違う。
2、すれ違った瞬間にR1でスタブ。

スレスタはやり方が簡単であり、双方が狙いだすとケツの追いあいになります。ラグと関係していることから、デモンズではもめる原因となっていました。ただ、現在ダークでは自重の傾向になっていない可能性もあります。今後どのような形で落ち着くかは分かりませんが、スレスタの存在は知っておいた方が良いでしょう。


◆スレスタ返し
1、相手がスレスタを狙ってくるのを察知。
2、相手が右から来たら右へ、左から来たら左へ回りこむ。
3、相手の背中に回った瞬間R1でスタブ。

上記で説明した通り、回りこみスタブ返しと方法はほぼ同じ。というより考え出されたのは、たぶんこちら。デモンズであまりにもスレスタ使いが多かったことから考え出された対策です。スレスタする人はダッシュしてくる人が多いです。相手がダッシュしてきたらこちらは一度さがります。ダッシュ攻撃ならすぐに攻撃してきますが、ずっと追ってきた場合はスレスタなので注意。スレスタ使いと判断したら、返しを狙いましょう。


◆受け流し
1、盾などでガードしておく。
2、相手の攻撃がヒットした瞬間、ガードを解く。(L1を放す)
3、硬直なしに動ける。

動画内では受け流しスタブと説明されていますが、元々デモンズでは受け流しという名称で呼ばれていました。ガードの硬直がなくなるため、スタブ以外にも応用が利きます。ただしデモンズではタイミングがシビアでした。ダークではまだ実践していないので分かりませんが、たぶんジャストぐらいのタイミングだと思います。


◆起きスタ対策
こちらは動画内では扱われていないですが、コメントで起きスタどうすれば良いの、というものがありましたので、その対策を説明します。起きスタとは、相手が倒れた時に背中へ回りこみ、起きあがりにスタブを重ねるというものです。ハメ殺されてしまう人も多いとか。2chの対人考察スレでその対処法を見かけていたので紹介します。

1、起きスタを察知する。
2、ロックしたまま放置。自動で相手の方へ向く。
3、相手が攻撃してきたらガード。

慌ててローリングするとスタブされます。実は起きあがり中は攻撃を食らうことがないので放置が正解だそうです。ロックをしていれば自動で相手に向きます。相手が攻撃モーションを見せてから、ガードなり回避なりの行動を取れば良いそうです。まだ実践していませんけどね。



動画内の説明は以上ですかね。
ここであげられているものは、デモンズで対人していた人に知られていたものが多いです。ただ対人技術はここにあるものがすべてではありません。応用したり、新技を開発したり、他にもあります。

私のデモンズ時代では、回りこみスタブに似た回りこみチェインというのを開発しましたね。スタブよりもチェインの方がダメージを稼げたので、重宝しました。後ろまで回りこむ必要もないので返されにくいというメリットもありましたかね。

このように自分独自の技を発見できると、対人では勝率があがったりします。初めてみる技というのは対応しづらく、使っている人も少ないので対策されにくいです。ここにあるテクニックだけでなく、自分だけの技術を見つけてみてはいかがでしょうか。

そして私にも教えてくださいw


◆追記
さすがに長くなってきたので、拍手レスは続きに書きますね。




▼続きを読む▼

この記事へのコメント

青文字みにくすぎワロタw
> 青文字みにくすぎワロタw

追記以下のことですよね?w
長文になると予想以上のみづらさに私も驚きました(;´∀`)
拍手していただいた方は、とりあえず最後の方だけ読んでもらえれば良いかな、と思います。
ロリスタねらってみたんですけど飛んで振り返ったら結構距離があって出来ませんでした(泣) それってうまく逃げられたって事なのかローリングの仕方が間違えてるのかご教授お願いします!
実際に見てみないと正確なところは言えませんが、距離がひらいてしまうパターンは三つ考えられます。

一つが暗い木目の指輪を装備していることです。前ローリングの距離が長いため、ロリスタをしようとするとよく距離があいてしまいます。動画では成功していますけど、普通は難しいです。

二つ目が、間合いが近いこと。近すぎると相手の背中から離れてしまいます。適度に離れた位置から前ローリングする必要があります。

三つ目が、ローリングのタイミングが遅いことです。遅いと敵も反応して間合いがひらくこともあります。ダークソウルはロリスタが難しめで、相手の攻撃を読んで、先にローリングするくらいの気持ちでないと成功しません。動画主は、この読みがうまいので度々成功させていますが、常人にはハードルが高いです。

最も成功しやすいのは、木目指輪を使わず、1/4重量のローリングで、適度に離れた間合いから、先読みすることです。まあ木目が強すぎて外すのが難しいので、対人を考えた場合ロリスタはかなり難しいと思ってください。
なるほど 
確かに木目使ってました(..;)
なんとかタイマンなら勝てるようになってきたので四分の一に切りかえてみます! 
また質問なんですけど
回り込みのスタブの時って×ボタンでダッシュしながらやらないと難しいですか?
1/4は強靭値も低くなりがちですので、瞬殺されることもしばしばです。無理せずやってみてください(;´∀`)

回りこみスタブはダッシュしません。肝心なのは、読みと思い切り、そして最短距離で裏に回ることです。パリィを読んだら、一切迷わず相手の脇をすり抜けて背中に回ります。

一点読みなので、もちろん失敗もします。ただそこで躊躇うとまったく成功しないので、失敗を覚悟して行うのが、回りこみスタブを成功させるコツかなと思います。最短距離で抜けるのも大事です。
昨日はアノールで木目無し呪術なしでやってみました!ほとんど勝てませんでした(泣)
バックとるの上手い人って横移動上手いですね ローリングもあんまりしてないみたいですし 
スタブ決めるコツみたいなのないですか?

木目なし、呪術なしはきついですね。分かります(;´∀`)

スタブを決めるコツですか。
私は返しスタブがほとんどだったので参考になるか分かりませんが、相手が出てきたところを狙うとかですかね。スレスタ、回りこみスタブをしようとする相手というのは、分かりやすいんです。そのため、仕掛けてきた時は確実にカウンターをいれるようにします。返しのコツは記事にある通りです。

横移動がうまいということは、それは返しかもしれませんね。

あとは適したケースで使うとかでしょうか。
ロリスタは大振りな武器を使う人専用、回りこみスタブはパリィを連発する人専用、などです。この二つのケースは相手も警戒しているので、慎重に出します。始めは出さず油断させておいて、不用意に攻撃やパリィを連続してきたところを狙います。

相手も人なので、自分の狙いを読ませないことが肝心かもしれませんね。
スタブをしたいのなら、あえてそれとは違う攻撃や対処を見せておきます。注意がそれたところで狙います。
伝授してくださった知識をもとに今不死街で修行中です!スタブ返す方法が掴めてきたと思います!まぁそっちに意識行き過ぎで刀で八つ裂きにされてるって事は内緒ですがねww
修行中、弱くなってしまうのは仕方がないですよね。どうしても攻めのパターンが絞られますし、相手にも読まれるしで苦しいと思います。ただマスターした暁には、攻め手が増えるので強くなるはずですよ。頑張ってください!!
この記事へコメントする















Ray

Author:Ray
うとうとさせてしまう管理人Rayです。
ダークソウル、モンハンシリーズなどを中心に記事を書いています。
残念なところが多々ありますが、よろしくお願いします(´・ω・`)

当方はリンクフリーです。

※情報は古くなっています。ご注意ください。

◆プレイ中
 ・ダークソウル3
 ・フォーオナー

“志方あきこ”さんのJUKE BOXです。 詳しくはBOX上部クリックでサイトに飛びます。
当サイトはリンクフリーです。
相互リンクの際にはご一報ください。その他ご要望、ご意見などもこちらで承ります。

名前:
メール:
件名:
本文:

MHP3rd・攻略ブログ にほんブログ村 ゲームブログ×PlayNCBlogへ にほんブログ村 ゲームブログ モンスターハンターへ
にほんブログ村
ブログ検索にご利用ください(´▽`)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。