2017 / 10
≪ 2017 / 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 / 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【ACV】下っ端カラスの日記‐089

さてさて、今回はアセンについて書こうと思います。


そういえば書くのを忘れていた構え武器の報告ですが、良い結果は報告できないですね。
まず砂砲(スナイパーキャノン)。瞬間火力の高い「KO-7K3/ZHUKOLEN」ですが、やはり弾のばらけかたがネックになってきます。

5連射をきっちり当てるには近距離まで近づいていないとだめです。
これには他の敵から攻撃されるリスクも伴うわけでして、チャンスを見出すのが難しいです。その間に他の敵と交戦した場合、片手が塞がっている状況になります。これはイカンです。

もちろん動いている敵に当てるのも難しいです。安定性大事ですね。

それから、領地、決戦においてタンクから狙うのは上策ではないんですよね。
なぜなら落とすのにどうしても時間がかかるからです。パイルを当てられる人がいるなら別ですけどね。まず狙うべきなのは落としやすい機体であり、落としにくいタンクは後回しにするのが得策です。

それらの理由から、重二で砂砲を使うメリットは薄いとの判断です。


それからコメで情報をいただいたレーザーキャノンに関しても試してみました。
こちらも私が運用するには難しいですかね。

タンクとかには当てることができても、TE防御の高さから大きなダメージを稼ぐのは難しいです。では他の機体を狙おうかと考えるわけですが、私の場合重二とタンク以外の機体は、ストレコ、ミサ、タンジー、パルマシで対応できていたんですよね。

こ、これはわざわざレザキャを使う必要がない、という結果になってしまいました(;´∀`)

ただ、あくまでこれは私の場合でした。レザキャが光ることを利用してのタゲ取りをする方もいらっしゃいます。私は運用できませんでしたが、興味のある方はぜひ試してみてください。

レザキャ、意外とロック速度が早いんですよね。弾速も速いので、構えでも運用できなくはない、と思いました。私の場合は育成した武器の関係上、そちらを利用した方が良いので、このような結果になりましたけども。


はい、というわけで、今回はここからが本題。前置き長くてごめんねごめんねー。

重二を以下のように変更してみました。


[頭] SIEGFRIED HD33 → KT-1G/FUXI
[胴] JOTUN CR113-2
[腕] KT-4S2/SVIR → KT-4S2-2/SVIR2
[足] KT-4N3/JIUHUA
[FCS] KV-1T2/OTKRYT → UFC-11 GLANCE
[ジェネ] KV-3D3/PROCHNYI
[ブースター] KT-5R2/BURYA ⇔ KT-2R3/DAFENG (悩み中)
[リコン] URD-36/ER
[右手武器] 速特KO-2H6/STREKOZA
[左手武器] 速特KO-2H6/STREKOZA
[肩] HABAS HSM301 → UVF-17
[ハンガー右] TANSY RF12 → OXEYE HG 25
[ハンガー左] ARACHIDE EG 13
AP:38345 KE:1530 CE:2081 TE:2745


さて、まず今回なぜアセンを変更したのか。それはツンデレ速特ストレコちゃんを最大限に活かすためです。せっかく厳選したので活用してあげようというわけです。

そこでまずFCSを変更。「OTKRYT」のロック距離は250とやや遠いんです。そこを「GLANCE」に変更。ロック距離は200です。しかしこのままだとロック距離に短さを感じたので、坊主頭(SIEGFRIED)からアンテナ頭(KT-1G/FUXI)に変更。ロック距離223→269へ。

久々にGLANCEにしたんですが、ロック速度早いですね。サイトに納めて一拍置いたら、すでに二次ロックしていました。269の距離なら弾速420の範囲ですね。もりもり当たります。


FCS変更に伴いミサイルを「ハバス」から「UVF-17」へ。ハバスはハイスピードミサイルですね。前に読んでいただいた方はご存知だとは思いますが、命中率の高いミサイルです。衝撃も1500台と中々おいしい。

ただFCSをグランスに変更するとミサイルロック速度が下がるので、VTFミサイルのUVF-17に変更したというわけです。他にも理由はあるのですが、グランスならたぶんハバスよりUVF-17が使いやすいと思います。


ミサイルを変更したことで、衝撃による防御力低下が狙えなくなってしまいました。そこでタンジーからオックスへの変更。今回この変更がかなり大きい変化をもたらすかもしれません。


腕を「SVIR」から「SVIR2」に変更したのは、単純にミサイルが撃墜されるからです。私はよく時計回りをしたくなるので、その場合は左肩からミサイルを発射できるようにしておくと、まだ撃墜されにくくなると思います。


ブースターは悩み中です。「BURYA」だとグライドブーストをした時に息切れが早く、「DAFENG」の場合通常速度が遅いです。


これらの変更により、機体は中距離主体から近中距離主体となりました。

ただ、タンジーをオックスに変更したことにより、中々の変化が起こりそうです。まずパルマシ対策をした重逆に、貫通できるケースが増えること。またミサイルをハバスからVTFに変更したことにより、確実にKE防御を貫通するようになりました。

つまり、重逆に対しての攻撃力があがったというわけです。
これは四脚に対しても同様です。


中二に対してはストレコの運用性が向上したので、攻撃力はあがっていると思います。
軽逆はあまり変化はないかもしれないですね。


そして、今回の変更で大きいのは重二に対しても攻撃力があがったことです。
今までハバス、ストレコ、タンジーで挑んでいたのですが、不利な印象がありました。
これがVTF、ストレコ、オックスとなったことで、今までの比ではないくらい、重二への対応力が向上しました。

できあがってみて、思わずガッツポーズがでるくらい。
実戦でも試してみましたが、オックス対策をしていない重二と交戦した結果、完勝に近い形で相手を撃破できました。これはいい!!


というわけで、ロック距離を50ほど犠牲にした結果、色々なものが向上した気がします。

まだ実戦が足りないので、また試して報告しようと思います。


◆追記
拍手ありがとうございます。
最近妙に軽逆が多くなってきているんですよね。チームに一機は見かるので、対策を考えるだけ考えておこうかな。頭の上を飛ばれるとわずらわしいんですよね。蝿叩き使いたい。

2拍手目ありがとうございます。
被弾率は前の中距離仕様の方が低いんですよね。その分生存率は高いのですが、重二という特性を活かすためにも、被弾率を高めて味方の盾となるのも一つの手ですね。そういった意味で今回のアセンは中々良いかもしれません。

3拍手目ありがとうございます。
重二さんは重たいので操作がやや難しいですかね。しかし、装甲は硬いのでなんだかんだで生き残ります。ヒュージキャニオンでそこそこ活躍できたのも正直予想外でした。なんでもやってみるもんです。
スポンサーサイト


この記事へのコメント

タンクへの抑止力として重二構え武器の運用というのはあまり考えてなかったので、少々的外れなアドバイスになってしまったかもしれませんね。
重二の構え武器が真価を発揮するのは防衛の時であって、敵の横をついて使うような武装ではなく、正面から迎え撃つ場合に有効という感じです。
雪山のように狭いマップなら側面を突かれにくいので結構役に立ちますね。

近距離FCSでも構え時の距離延長で遠くの敵を狙えるので、定位置に陣取って味方の盾になりつつ遠距離攻撃で削り、敵が攻めてくればパージして近接武器で対応できます。
砂砲食らったとしても耐えられるほどの防御力はあるので、砂砲持ちがいたら早めに叩いてやると味方の被害を減らせると思います。


話は変わりますが、新しい武装構成ならオックス等で装甲低下させればCE2300くらいならストレコが通るようになるので、VTFを絡めて攻めればタンクもやれないことはないですね。
重二がいるならそっちから狙った方がいいのは間違いないですが・・・。
いえいえ、アドバイスにはなっていましたよ。ありがとうございました。
構え武器をほとんど使った試しがなかったので、詳しくなかったんですよ。レザキャは運用できそうな感じは見受けられましたし、ケースによっては活躍する機会があるだろうと思いました。

私は砂漠侵攻をやっていることが多いのですが、うまく側面を突けると相手が完全に無防備な瞬間があるんですよね。そこへできるだけ高火力の攻撃を叩きこみたいな、という発想から生まれたものでした。結局、運用は難しそうですけど。砂砲の安定性がもう少しあれば、といったところでした。

言われている通り防衛ならより効率的に活躍できそうですね。もし自チームで活用できる日がきたら思い出して使ってみようと思います。自チームで防衛行くことがほとんどないのが切ないんですけどね。

実は速特ストレコを選んだのは、怯ませればCE2300まで貫通するのを知ってのことではあるんですよね。ただ、オトキャをばらまかれるとやはり厳しくて、安定対策をとっているタンクには後手に回ってしまうんです。なので、できればパイラーにお願いしたいところではあるんですが。

あと-迅-さんエンブレムコンテスト二次審査に通ってませんでした?
別人の可能性もありますが、見かけたのでポチっておきましたw
そういえば以前はハイスピミサで装甲低下狙いつつ速特ストレコorタンジーを当てるものでしたね。

安定タンクはオックスでも固まらないうえ、VTFでは装甲低下しないのでかなりつらいですね。
側面ついて攻撃しても落とすのに時間が掛かりすぎるし、VTFをオトキャで撃ち落とされる可能性も・・・。しかも相手がVTFとか持ってたら手も足も出ないw

重二は下手にタンク対策するより、他の機体を真っ先に落とせる構成・戦術でいった方がいい気がしますね。
側面つけたときはタゲ取りだけしてすぐ隠れて味方に任せるか、完全に無防備ならいっそのこと蹴りを狙うほうが良さそうです。

蹴りは何度かやった感じではパイルと同じような要領で、GBで接近しつつそのまま行けそうなときは間合いに入った瞬間蹴りを入れ、タイミングが悪そうならオート効かせて横にグライドしつつ間合いを維持したまま待ち、行けると思った瞬間に蹴り。
パイルと違って高度がちょっとでもずれるとあたらないので、こっちの方が高度が高いときは直前でブーストオフにしてから蹴るか、ブーストジャンプで浮いた瞬間を狙うと当たりやすい気がします。
ただ、直前でENが足りなくなって蹴れないというのが一番つらいので、EN残量しだいではやめて引くか、一端GBを切って回復させてから蹴るか・・・。いずれにしろパイルと比べて当てづらいうえリスクも高いのであくまで最終手段ですかね~。


>エンブレム
それ俺ですw
投票ありがとうございます!
タンクは今のアセンだと結局時間が掛かってしまったり、ハイリスクになってしまうことが多いですね。というわけで、おっしゃる通り他の機体を狙った方が良いかな、という結論に至っています。

蹴りは、テストで練習するんですが、あまりうまくならないんですよね(;´∀`)
仕舞にはカウンターもらってしまうケースも何度かあったので、それ以来蹴りは最後の最後の手段にしています。ほとんど出番ないですがw

今回のアセンならまだオックスを使うことで防御力低下ができるので、それで援護しながら味方と協力して落とす方向性で考えていこうと思います。

エンブレムやはりそうでしたか。
ベスト16に残れるよう応援しておきますね。

遅レスで申し訳ありません。またまたアセン真似させて頂きました。
その結果・・・フリーのチーム戦ですごく安定して生き残れました!!!
特に苦手だったビル系のマップでも強引にこのアセンを使わせ頂き勝率アップする事ができました。
ほんと勉強になりました。ありがとうございます。
レスの速度は気にしないでください。一年前ぐらいに書いた記事へコメントをいただき、それにレスしたこともありますのでw
アセンがご参考になったようで、幸いであります。重二さん意外とできる子ですよね。今回のアセンはタンク、オックスアイに弱いので、それらが蔓延らない戦場であればいけると思います。ビルのマップも恐らくはタンクが活かしにくいマップですね。

そういえば腕のSVIRですが、VTRを自分で落としてしまいがちですので、左右はお好みで使ってみてください。ちなみに右肩発射の場合は左へハイブースト、左肩発射の場合は右へHBすると落としにくいようです。
この記事へコメントする















この記事へのトラックバック

さてさて、今回はアセンについて書こうと思います。そういえば書くのを忘れていた構え武器の報告ですが、良い結果は報告できないですね。まず砂砲(スナイパーキャノン)。瞬間火力の高い「KO-7K3/ZHUKOLEN」ですが、やはり弾のばらけかたがネックになってきます。5連射?... ...

Ray

Author:Ray
うとうとさせてしまう管理人Rayです。
ダークソウル、モンハンシリーズなどを中心に記事を書いています。
残念なところが多々ありますが、よろしくお願いします(´・ω・`)

当方はリンクフリーです。

※情報は古くなっています。ご注意ください。

◆プレイ中
 ・ダークソウル3
 ・フォーオナー

“志方あきこ”さんのJUKE BOXです。 詳しくはBOX上部クリックでサイトに飛びます。
当サイトはリンクフリーです。
相互リンクの際にはご一報ください。その他ご要望、ご意見などもこちらで承ります。

名前:
メール:
件名:
本文:

MHP3rd・攻略ブログ にほんブログ村 ゲームブログ×PlayNCBlogへ にほんブログ村 ゲームブログ モンスターハンターへ
にほんブログ村
ブログ検索にご利用ください(´▽`)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。