2017 / 10
≪ 2017 / 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 / 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【ACV】領地戦の基礎知識

はい、今回は領地戦の動き方について、まとめようと思います。

こちらに記載するのは、あくまで基礎的なものであり、エリアによってアレンジを加えた方が良いと思います。また、わりと侵攻側視点によるものが多いと思います。防衛側は、侵攻側の狙いを知った上で、対策を練るのがよろしいかと思います。

というわけで、独断による解説スタート。


◆解説順
 1、ライン形成
 2、狙い
 3、押したり引いたり
 4、奇襲・陽動
 5、十字砲火・包囲


1、ライン形成
まず砂漠を想定します。
基本的な話ですが、突破されてはならないラインというものがあります。砂漠侵攻の場合、パイプライン手前などがそうです。相手に高所を取られ、身を隠す遮蔽物もないため、あっという間に殲滅されます。砂漠の場合、まずはパイプを越えて防衛戦を張ることが、第一の目標となるでしょう。

その後、相手を有利に展開させないため、横長のラインを形成する必要があります。
狙いの項目で詳しく説明しますが、敵に側面、背面をとられると厳しい展開となります。それを防ぐために、横に長いラインをとるわけです。

これができていないチームは、側面と正面からの十字砲火、あるいは背面をとられて包囲されるなんてこともあるわけです。

エリアによってラインの位置がまちまちですが、攻勢に出たい場合はラインを崩すことを考えます。防衛する場合は、ラインを維持しながら側面を狙う敵を迎撃します。


2、狙い
経験を積んでいる方は分かると思いますが、このゲームは側面、背面をとることが非常に重要です。背面をとった場合、ノーダメージで敵を撃破することも可能です。そのため、側面、背面を狙っていくことが、勝利に繋がる戦術となります。

そしてできれば四人で連携して攻撃を行いたいのですが、中々うまくはいかないでしょう。個人的にはツーマンセル(2名1組のチーム)で動くのが連携をとりやすいとは思います。

では、このツーマンセルでどのような状態を狙っていくのか。

それは十字砲火です。
強引に背面を狙っていくことも可能ですが、その分孤立するというリスクがあります。孤立した場合、相手に簡単にやられる可能性があります。

十字砲火1十字砲火2

十字放火は↑のような状態です。どちらかが正面に残り、片方が側面をつきます。あるいは両者が距離をあけて狙えば、二枚目のように十字砲火となります。敵は必ず自機か味方機に機体を向けるので、自動的に片方の機体が側面を突けます。


3、押したり引いたり
四対四になると、そうやすやす側面を突けません。十字砲火にもなりません。
相手側は建物の陰に隠れたり、他の敵機が迎撃してきたりします。無理して攻めると、反撃の方を大きくもらってしまいます。

攻める側と防衛側では、攻める側が不利になりがちです。というのも、防衛側は有利な場所に陣取っていられるからです。防衛施設もあります。そのため侵攻側はジリ貧になってしまうこともよくあることです。攻める時は思い切って攻めなければならないのですが、チャンスを待たなければなりません。

そこで、押したり引いたりするのです。

例えば、自分が側面を突こうとします。しかし敵機に阻まれました。そしたら戻ります。
もし敵機が追走してきたら、戻ったあと味方と一緒に迎撃しましょう。これで簡単に追い返すことができます。つまりリスクが低いということです。

これを繰り返すことによって、チャンスを待ちます。
また押して引く動きは、誘いの動きにもなります。もし相手が深追いして来た時、簡単に十字砲火や包囲することができます。そのため、押したり引いたりは基本とも言えます。逆にこの時に深追いしてはいけません。簡単にやられますw


4、奇襲・陽動
押したり引いたりや、横に移動して味方と入れ替わるなどしながらチャンスを待ちます。
チャンスは相手の注意がそれた時や、前方に敵の姿がない時です(リコンジャマーには注意)。

この時一気に奇襲を仕掛けます。十字砲火や包囲になるよう側面や背面を狙います。
注意しなくてはならないのは、逃走経路です。
側面はまだしも、背面の場合孤立する可能性があります。孤立したところを撃破されてはたまらないので、敵に狙われた時の移動ルートを頭の隅に入れておきます。

私としては元の場所に戻ってくるのが、安全かなとは思います。味方がいるので、協力して押し返します。ただし、元の位置に味方がいない場合もありますので、味方機の位置を確認しつつ合流するのが良いでしょう。

もし自分が狙われなかったのなら全力で攻撃あるのみです。


陽動については味方をサポートする動きです。
味方が側面に行くことを知らせてきたり、兆候が見えたりした場合、正面で派手に暴れます。

肝心なのは命を大事に。
味方に注意がいっていない、ということは自分に注意がいっている可能性が高いです。そのため相手が攻勢に出た場合は素早く引きます。味方の攻撃が成功し、敵の注意が自分からそれて始めて攻撃に移ります。

注意がそれたかどうかは、スキャンモードによる敵機体の向きで把握してください。

応用によっては、自分が囮になって敵を誘導、その側面、背面を味方についてもらう、なんて方法もあります。


5、十字砲火・包囲
十字砲火についてはすでに説明してある通りです。
現実にもクロスファイア、十字砲火という言葉がある通り実戦的です。
十字砲火を狙いながら、一機ずつ集中して落としていくのが良いかと思います。


また四人で連携した時、側面、背面をとろうと意識していると、包囲になることもあると思います。こうなると敵は集中砲火を食らい、驚くほど簡単に殲滅、という目に遭わされることもあります。


いずれにしても、まず先に一機落とすことが大事ですので、十字砲火、包囲以外にも、一点集中を頭に入れつつ、対戦に臨むと良いでしょう。


◆追記
拍手レスは続きへ移動しました。


▼続きを読む▼

この記事へのコメント

この記事へコメントする















Ray

Author:Ray
うとうとさせてしまう管理人Rayです。
ダークソウル、モンハンシリーズなどを中心に記事を書いています。
残念なところが多々ありますが、よろしくお願いします(´・ω・`)

当方はリンクフリーです。

※情報は古くなっています。ご注意ください。

◆プレイ中
 ・ダークソウル3
 ・フォーオナー

“志方あきこ”さんのJUKE BOXです。 詳しくはBOX上部クリックでサイトに飛びます。
当サイトはリンクフリーです。
相互リンクの際にはご一報ください。その他ご要望、ご意見などもこちらで承ります。

名前:
メール:
件名:
本文:

MHP3rd・攻略ブログ にほんブログ村 ゲームブログ×PlayNCBlogへ にほんブログ村 ゲームブログ モンスターハンターへ
にほんブログ村
ブログ検索にご利用ください(´▽`)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。