2017 / 06
≪ 2017 / 05   - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 -  2017 / 07 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【タクティクスオウガ・運命の輪】進展状況05

前回は2章の終わりまで書きましたかね。

デニムはレオナールと戦い、ウォルスタの未来を託されました。


3章が始まると、早々に問題が発生。まだガルガスタンとの戦力差が覆っていない時に、暗黒騎士団が古都ライムへ侵攻。ウォルスタは兵力を回さなければならなくなります。ますます不利になります。

ゼノビアの騎士たちの活躍によりライム戦は痛み分け。

続いて、ガルガスタンがウォルスタに侵攻開始。

戦力で劣っているウォルスタは敗北必至。


ウォルスタがガルガスタンに勝つためには
 ・ウォルスタ全体の武装蜂起
 ・ガルガスタン反体制派の活発化

以上二点が必要になります。ウォルスタの武装蜂起はレオナールの策により成功しています。
しかしガルガスタンの反体制派は、いまだ沈黙を保ったままです。


ガルガスタンの侵攻を防ぐため、苦肉の策としてヴァイスが囮を買ってでます。

120930-01
丸くなったもんですw

その間にデニムたちは敵の背後へ回り、手薄になったガルガスタン本営を攻めることに。

ガルガスタンの本営はコリタニ城になりますが、その前にブリガンテス城を落とさねばなりません。そこはガルガスタン反体制派が集っている場所でもあります。

ブリガンテス城を落とし、反体制派を仲間に。

120930-02
ジュヌーンは反体制派の一人で、戦闘に加わってくれることになります。
さりげなく重要人物。いないと仲間になってくれないキャラが多数います。


ガルガスタンはヴァレリア島でもっとも人口の多い民族ではありますが、一枚岩ではないようです。というのも、ガルガスタンの指導者バルバトス枢機卿が、自らの考えを推し進め、その他の勢力を弾圧してきた経緯があります。弾圧された村の中には粛清という名目で虐殺された村もあるそうです。

バルバトス、ロンウェーとやってること変わらんw

恐怖で押さえつけられていたガルガスタン人が、反体制派として密かに活動していたんですね。バルバトスに恨みのある反体制派は、デニムたちに力を貸し、現在の状況を変えようと考えます。それが味方になる、という行動だったわけです。


反体制派の工作もあり、コリタニ城への奇襲成功。

一気に城内へ流れこみ、バルバトスのもとへ。


120930-03
このあと自害しました。もっと抵抗しても良いのよ。


こうして二勢力の民族紛争は、ウォルスタの勝利に終わります。


120930-04
その後、逃げ回っていたラヴィニスと、

120930-05
囮を請け負って危うく死にかけていたヴァイスをゲット。


そして、暗黒騎士団との戦闘が激化。


120930-06
暗黒騎士団やバクラム勢力に対し、テロ活動をしていたセリエたちが滅ぼされました。
画像はTOでとても有名なシーンですね。倒れているのはセリエです(´;ω;`)
セリエを先に仲間にしておいたので、まだショックは少ないですけどね。オズは話が分かるけど、酷い奴です。


というわけで、その後暗黒騎士団の、オズとバールゼフォンと戦闘。
オズは、デニムのカウンターと通常攻撃でワンターンキルされましたw
セリエお姉さまの無念を知るが良い。知るが良い!!

バールゼフォンも無難に倒し、三章終了。


情勢は、ウォルスタとガルガスタンの民族紛争から、ウォルスタとバクラム人との戦争へと変わっていきます。またバクラムに加担する暗黒騎士団も同様に交戦状態へ。

バクラム人は少数でありながら、今まで全島の覇権を握ってきました。

しかしウォルスタはすでにガルガスタンを取りこみ、最大勢力となっています。
今までバクラム人が優遇されていた経緯から、戦争は民族同士の争いから、貴族と民衆の戦いへと変じていきます。


ストーリーを理解できると、非常に楽しいゲームですね。他の作品にはない深みがあります。


しかしこれを小学生にやらせたらチンプンカンプンだろうなぁ(;´∀`)

きっとトラウマだけが残るでしょうw


というわけで、次回は4章です。


◆追記
拍手ありがとうございます。
TOの特徴の一つとして、緻密な世界観があります。背景がかなりしっかりしているので、新たなキャラクターをポンと置いてやると、想像力の豊かな人なら勝手に動き出すはずです。例えば、「バクラム人に迫害されたウォルスタの娘」、という設定をおいてあげただけで、胸がドキドキしてきませんか?


スポンサーサイト


この記事へのコメント

良い作品ですよね、タクティクスオウガ。
難易度は高めかとは思いますけど。
シビアな世界観が大好きです。
PSP版以外ではセガサターン版しかプレイしてないんですよね。
SS版は唯一声優さんが演じていたバージョンで、イベントシーンの演技が良かった記憶があります。
本体壊れたので今は遊べませんけど(汗)
旧作のタクティクスオウガをやった時は、攻略本みないとクリアーできなかったですね。確かソフトは友人に借りて、ついでに攻略本もセットでついてきたはずですw

私はどれでプレイしたんだっけな。私もSSだったような気がします。ただ、記憶はかなり曖昧ですね。声ついてたかな(;´Д`)
SSがいまだに現役だったらかなりすごいですよ。うちのは早い段階で、メモリーを読みこみにくくなってましたから。

個人的にはこんな作品がもっとあって欲しいんですけどね。シビアな作品はあまり一般受けしないからか、出てきませんね。
この記事へコメントする















Ray

Author:Ray
うとうとさせてしまう管理人Rayです。
ダークソウル、モンハンシリーズなどを中心に記事を書いています。
残念なところが多々ありますが、よろしくお願いします(´・ω・`)

当方はリンクフリーです。

※情報は古くなっています。ご注意ください。

◆プレイ中
 ・ダークソウル3
 ・フォーオナー

“志方あきこ”さんのJUKE BOXです。 詳しくはBOX上部クリックでサイトに飛びます。
当サイトはリンクフリーです。
相互リンクの際にはご一報ください。その他ご要望、ご意見などもこちらで承ります。

名前:
メール:
件名:
本文:

MHP3rd・攻略ブログ にほんブログ村 ゲームブログ×PlayNCBlogへ にほんブログ村 ゲームブログ モンスターハンターへ
にほんブログ村
ブログ検索にご利用ください(´▽`)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。