2017 / 09
≪ 2017 / 08   - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017 / 10 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【ダークソウル】侵入とあの事件についてあれこれ

今回書くネタがなかったので、ちょっと昔のことを掘り下げてみようと思います。


今年、某いじめの事件が世間に大きく取りあげられました、あの事件の当初色々思うことが私にもあったわけです。

ただこのネタをヒートアップしている時に書いてしまうと、予測のできないことまで起こりそうなので、クールダウンするまで温めておきました。

といっても堅苦しく書くつもりはありません。

あくまで一ゲーマーとして、こんな風に思いました、こんな風にすれば良いんじゃないか、といったことをゲームを交えて書いていこうと思います。

というわけで、リラックスして読んでみてください。



あのいじめ事件が大きく取り上げられた時、ふと私の中に引っかかりが生まれました。

一般的にいじめは普通やらないです。それはやられたら嫌だから、というのが想像できるからです。ならば、なぜいじめをする人間がいるのか、ということ。

これを考えていた時に、ふとある記事のことを思い出したんですね。

それがこちら →黒ファンやってふと思ったこと


長いので肝心なところだけ要約します。

この記事に書いたことは、黒ファンに対する二つの価値観の違いです。

一、黒ファン(侵入者側)の価値観。「黒ファンは鬼ごっこの鬼」

一、ホスト(被侵入者側)の価値観。「黒ファンは殺人者」

黒ファンは、正式名称黒ファントム。プレイヤーが他者プレイヤーの世界へ侵入し、そのプレイヤーを殺害することを目的とします。ダークソウルの闇霊です。

ゲーム内で殺人者の役を演じることになるのが、この黒ファンであり闇霊です。
ゲーム内のルールで定められているのであれば、これも一つのゲームとして遊ぶことができます。予測不能の障害がホストにとっても極度の緊張を与えることになるからです。ホストにとっては負担になりますが、倒した時あるいはクリアーした時に、非常に興奮するのも事実。

エンターテイメントの観点から見るなら、私は大成功していると思います。


さてこの時、ホストは黒ファンを殺人者として恐れます。これが被侵入者側の価値観。ホストは黒ファンを殺人者として認識しています


逆に、黒ファン側は自分のことをどう認識しているか。
殺人者として認識しているのか?

それは違います。
黒ファン側は、自分を「悪戯者」「今日は機嫌の悪い普通の人」程度にしか思いません。

要は軽い認識なんです。ホストの感じている殺人者とは思っていません。


つまり、加害者側と被害者側で価値観に大きな差があるのです。


一方では悪戯者、もう一方では殺人者。


と、まあこのように、いじめる側、いじめられる側、でも同様の現象が起きていたのではないか、と思ったわけです。

いじめる側は、自分のことをそんなに悪い人物だとは思っていない。
いじめられる側は、すごいひどいことをされていると思っている。


この価値観を埋めるには想像するしかありません。しかし部外者からの視点で見ても、いじめられている側の本当の価値観を実感として捉えることはできません。いじめられた認識は、いじめられた者にしか分からないのです。


それを示すために、もう一つの価値観も加えてみました。

それは、傍観者側の価値観です。

いじめを目撃している生徒たちも間違いなくいるんですね。でも彼らは積極的に通報などをしようとしなかった。もちろんしてくれた生徒もいるでしょうが。


傍観者側もやはり、いじめに対する認識が薄いんですね。
被害者が毎日いじめられているとして、目撃者もそれを全部目撃しているのか、と聞かれたらそれは否ですね。すべてを目撃できるはずがないです。極端な話、目撃者が見ている事実は、いじめの実態のごく一部でしかないでしょう。

だから、傍観者もいじめを軽くみてしまう傾向にあるわけです。
『あ、またやってる。でもたまにだから大丈夫かな?』という心理が働くわけです。

でもまあ、いじめはそれが氷山の一角なんでしょうね。
想像で補えなくもないですが、過剰反応にも思えるので難しいところです。先生は更に難しいかもしれません。なぜなら、いじめる側は先生の前でやらないから。また見られてもごまかすから。

ここで書いているのは、あくまでそういった傾向にあるだろう、といった予測です。深い意味はありませんからね(;´Д`)


いじめは大変難しい問題で、中々なくならないものだと思います。

そんな時に逃げ道をつくってやるのが、大人の仕事ではあるんですけどね。最近ようやく積極的に動き出した、といったところでしょうか。


それでも助けがない場合もあるので、自衛手段を私から一つ。

白ファン呼ぼうぜ!!

(笑)がつきそうなものですが、わりと真面目です。
仲間をつくっておくのがいかに重要か、という話です。黒ファンに対抗するのだって、ホストと協力プレイヤー二人がいれば返り討ちにできます。

数は力になります。

逆に一人というのは、大変危険な状態なのかもしれません。


日頃から仲間をつくっておくこと、これがいじめの予防にはなるでしょう。もしいじめられたとしても仲間と手を組めば相手をはめることもできるはず。

黒ファンもそうなんですが、抵抗しないと図に乗ります。抵抗を考えなければなりません。

もし一人の状態で被害にあってしまった場合は、やはり助けを求めるのが一番だと思います。一人で悩まず、仲間になってくれそうな人に相談すべきでしょう。月並みですけどね。


と、まあ今回はこんなところでしょうか。

他にも色々書きたいこともありますがね。暴走したツイッターの人々が、まるで出待ち組のようだ、とかね。正義とは立ち居地が違えば簡単に歪んでしまう変わりやすい価値観です。それを意識せず、部外者にまで被害を与えてしまうのは、果たして正義なんですか、とか。

これを書き始めてしまうと長くなってしまうのでやめておきます。


すごいね。デモンズ、ダークでいじめ問題まで語れちゃうんですから。


とりあえず、いじめられそうな人は仲間を増やしましょう。数で対抗しちゃいましょう。そうすれば追い返せますから。


一人で悩んじゃだめです。


◆追記
6つも拍手ありがとうございます。
拍手いただけたことは大変嬉しく思います。しかしデリケートな話題なので、批判もありました。ということで、今後は慎重に扱っていこうと思います。まあ、場末のブログなので影響力は皆無な気もしますがw

7拍手目ありがとうございます。
ちょっと予想をだいぶ上回ってますね(;´∀`)
クールダウンしている今なら大丈夫かとも思ったんですけどね。ヒートアップしている頃にやっていたらド派手に荒れていたかもしれません。

8拍手目ありがとうございます。
途切れ途切れではありますけど、もう丸二年はブログを続けています。それでも文章を書くことは難しいと思うことがあります。今回みたいに、言いたいことを恐らく誤解して受け止められてしまったと思うので、特にそう感じます。

9拍手目ありがとうございます。
この記事の本意としては、価値観の違いは経験の有無で想像以上の差が表れる、という意味合いで書きました。それが伝わってくれれば良いんですが、中には侵入=いじめという捉えかたをしてしまう方もいるかもしれませんね。ちなみにそういう意図はまるっきりないです。こんな考え方もあるんだ、程度に読んでもらえたら一番良いと思います。


拍手コメのレスは続きにいたします。




▼続きを読む▼

この記事へのコメント

そういう事をゲームと一緒にするなよ
お前は上手いこと言えたとでも思ってるかもしれないが、それは只の自己満足にすぎない。
こんなこと公の場で書いた所で共感なんてどこからも得られない。ましてやダークソウルやってる側としては勝手に決めつけられてる気しかしなくとても不愉快。
いじめ問題や現実の事件について考えるなら、あくまでも遊びであるゲームと一緒にしないで現実の事だけで考えるべき。

あなたの考え方の延長線上にあるのがゲーム批判だからな。思いつきか知らないけどもっと考えてやってくれよ。
あくまで一個人の一意見として受け取って欲しいのですが、
私にとっては「立場の違いによる意識の差」を言ってるだけのように感じました。

いくら"遊び"のゲームとはいえ、
相手がいるのだから非現実のこととは言い切れない部分もあると思います。
友達とゲームで遊んでてそれが喧嘩に発展することだってあるし、
ネットを介したゲームだと顔が見えないぶん
アーケードゲームだったらリアルファイトに発展しそうな
卑怯な行為や相手を貶すような行動を簡単にする人がいるのも事実です。
ゲームだから遊びだからっていうのはちょっと違う気がします。
"遊び"の線引きなんて甘いもんだし。

私も的外れなゲーム批判には辟易してるし、
ゲームにしろ何にしろ、結局やる人間の問題であって
ゲームそのものが悪という極端な考え方に結びつくような
批判の仕方はおかしいと思いますけどね。


ただ、DARKSOULSさんのコメントのような批判はあって然るべきだと思います。
自分は不快にさせるつもりがなくても、
相手にとってはそれが不快に感じることだってあるわけですから。

いじめ問題にしても不快に感じたということを誰かに伝えることが大事です。
直接相手に伝えることは出来なくても、
親しい人間や先生でも良いから伝えることで、
気持ちが軽くなったり解決策を見いだせるかもしれません。

一番ダメなのは自分一人で抱え込むことですね。
いじめをする人間というのは大抵徒党を組んでやります。
さもいじめられている人が"悪"であるかのような振る舞いで。
そういう点ではRayさんが言うように仲間を作るということは
相手に対抗する手段として非常に重要だと思います。

誰にも自分の気持ちを打ち明けずにいて、
自分もいじめられるのが怖くて見てるだけの傍観者のことを
「こんなにひどい目にあってるのに誰も助けてくれない」
と思うようになったらヤバイです。
そのうち自分以外の全てが敵のように見えて、
誰にも頼ることが出来ず、自殺という最悪に事態に陥りかねません。

自分がいじめられていると伝えるのは簡単なことではないのは分かっています。
ですが、勇気を振り絞って言わなければ、人はなかなか応えてはくれません。
一度言い出すきっかけを失えば次に言おうとしたときにはもっともっと勇気が必要になります。

つらいことがあったらすぐに誰かに伝えること。
大人は子どもの言葉を軽く受け止めず、微妙な変化に気づくこと。
間違っても「何でもっと早く言わなかったのか」なんて言ってはいけません。
チクったらさらにひどい嫌がらせを受ける可能性があるし、
子どもにだってプライドがあります。
大人は子どもがそういうことを言いやすい環境を作ってあげることが先決ですね。

なんかやたらと長くなってしまって申し訳ないですが、
ダークソウルだったら告罪とか白霊があるんだから有効活用しようよってことですねw
ん? あれ?
そんな怒らせるようなことを言ったつもりはないんですが、すいません(;゚Д゚)
別にうまいこと言ったというつもりはないです。むしろゲーオタ過ぎるだろ、と言われるかと思ってました。ゲーオタじゃないとしない発想ですから。

自己満足に過ぎない、といわれればその通りですね。ここブログですし。

共感していただきたいから書いているというよりは、この記事を読んだらたぶんみんな色々考えると思うんですよね。私はそれで十分です。読んだ方から素晴らしい発想が生まれていればそれで良いです。

不愉快にさせてしまったのは申し訳ないと思います。
そんな不快にさせるとは思っていなかったもので。

念のため申しておきますが、ゲーム批判のつもりは一切ありません。
そう思われてしまったのなら私の未熟の致すところです。
こんなにデモンズ、ダークも好きなのに。

改めて言いますが、不快にさせてしまったのは申し訳ないです。
今後はデリケートな問題として、慎重に取り扱うこととします。
がっつりきましたね(;´Д`)

≫私にとっては「立場の違いによる意識の差」を言ってるだけのように感じました。
そうですね。別に大層なことを言ってはいないんだと思いますw
意外と自分の身近にそういったことがあったんだなぁ、という思いつきからスタートしています。黒ファンとホストの立場はそれが顕著だったので関連づいたんだと思います。

≫私も的外れなゲーム批判には辟易してるし、
≫ゲームにしろ何にしろ、結局やる人間の問題であって
≫ゲームそのものが悪という極端な考え方に結びつくような
≫批判の仕方はおかしいと思いますけどね。
あれ、ダークやデモンズがいじめに関係しているとか、読まれてないですよね。そんな意図はさらさらないんですが、もしそう読んでいる人がいるなら、こいつバカじゃねえのと思われても仕方ありませんね。

≫ただ、DARKSOULSさんのコメントのような批判はあって然るべきだと思います。
≫自分は不快にさせるつもりがなくても、
≫相手にとってはそれが不快に感じることだってあるわけですから。
正論過ぎてぐうの音も出ないです。真摯に受け止めて今後は気をつけたいと思います。
自分は不快にさせるつもりはなかったので、それが不快であったならやり方を変えなければいけませんね。

その後もすべて読みました。
いじめの問題に関しては、もっと真剣な場でのみ取り扱うべき事柄なんですね。
コメントの残りの半分がすべていじめに関する事柄でしたから、中途半端な気持ちで扱ってはいけないのでしょう。自分の行動は軽率でした。

私自身は当事者にはなっていないですから、そういった意味でも認識が甘いのでしょう。当事者にとっては冗談事では済まされませんから、そういった気持ちをむげにしていたのかもしれません。

お叱りも受けましたし、こうして諭されもしましたし、気持ちを改めて臨んでいきたいと思います。
ちょっと分かりづらい書き方をしてしまってすみません。
前半部分は主にDARKSOULSさんのコメントについて、
後半部分は記事を読んで思ったことを書いたつもりです。

直接名指しで書くのもどうかと思ってこういう書き方をしましたが、
かえって分かりづらくなってこちらの意図が伝わってないという・・・。

これはあくまで私の想像ですが、
DARKSOULSさんは 黒ファン・闇霊=悪 という決めつけに聞こえなくもない
ひいてはそういったゲームの仕様・それを利用する人そのもの=悪
という考え方に結びつきかねないことを危惧しているのではないでしょうか。

今回の記事内容について、黒ファン・闇霊=いじめをする人
という見方をしてしまうと意味が大きく変わってしまいます。
Rayさんにはそういう意図はないと思いますが、
そういう風に誤解される可能性もないとは言い切れないですね。
「自分は黒ファン・闇霊を仕様の1つとして楽しんでやってるのに、
いじめをする人と同じような言い方をされた」
といった具合に。

例えとか比較って分かりやすく伝えることができるんですが、
誤解を生む可能性も増えるんですよね。
その辺は考えておく必要はあるかな~と。まぁそれだけです。
ずいぶんコメントが荒れていますね。個人のブログになにを書こうと勝手なのに・・・まあ、批判するのも自由ですけど。ただ、自分の意見の押し付けのようなコメントがあるのは理解しがたいですね。人それぞれの考え方があるのに。Rayさんは自分の意見を何恥じることはないと思いますよ。
ああ、なるほど。意図が読めずすみません。

> 黒ファン・闇霊=悪 という決めつけに聞こえなくもない
> ひいてはそういったゲームの仕様・それを利用する人そのもの=悪
> という考え方に結びつきかねないことを危惧しているのではないでしょうか。

この点については誤解ですね(;´∀`)
むしろ私は、黒ファンや闇霊に対し偏見のある方がいるのは知っていて、例えば出待ちして三人でリンチにしてしまうやり方は、その偏見の形なのではないかと思っています。

前の記事では黒ファンが怖い人に対し、むしろ黒ファンをやってみてはいかがですかとも書いています。今回の記事の意図は、ダークやデモンズの経験を活かしていじめに対抗してみませんか、といった意味合いを書いたつもりではあります。

ゲームを批判するのではなく、ゲームの経験を応用して、現在の苦しい状況を打破しましょ。ということだったんですが、伝わりきっていなかった面もあったのかもしれません。
まあこの内容-迅-さんには、分かりきったことかもしれませんが。


> 例えとか比較って分かりやすく伝えることができるんですが、
> 誤解を生む可能性も増えるんですよね。
> その辺は考えておく必要はあるかな~と。まぁそれだけです。


なにかの本で、議論の時は出来る限り比ゆを用いない方が良い、というのは以前読みましたね。今回は、議論とはちょっと違いますけど、物事を伝達する際に比ゆは慎重に用いなければならないとは、実感しました。

というわけで、そろそろ私のMPが切れそうですw
コメント荒れているように見えますが、冷静なコメントも多めですよ。
まあ荒れてしまったのは仕方のないことですね。実際のところ趣味でブログをやっているので、自己満足といわれれば自己満足ですしw

今回の批判への対応ですけど、相手の立場に立って考えることの重要性を記事内で書いています。つまり批判の内容がどうであれ、不快させてしまったことは事実なんです。

私は記事を書いた当事者でありますから、その不快にさせてしまった事実を受け止め、相手の立場で考えてみました。不快にさせた理由を完全に理解したとは言えないですが、対応としてはこのブログでもいじめ問題に関しては、今後慎重にさせていただく、ということにしました。

ぷうさんの励ましのコメントに関して、ありがたく頂だいいたします。
私自身も意見にゆらぎが出ていたので、少しは自信を持つことにします。

コメント、ありがとうございました<(_ _*)>
この記事へコメントする















Ray

Author:Ray
うとうとさせてしまう管理人Rayです。
ダークソウル、モンハンシリーズなどを中心に記事を書いています。
残念なところが多々ありますが、よろしくお願いします(´・ω・`)

当方はリンクフリーです。

※情報は古くなっています。ご注意ください。

◆プレイ中
 ・ダークソウル3
 ・フォーオナー

“志方あきこ”さんのJUKE BOXです。 詳しくはBOX上部クリックでサイトに飛びます。
当サイトはリンクフリーです。
相互リンクの際にはご一報ください。その他ご要望、ご意見などもこちらで承ります。

名前:
メール:
件名:
本文:

MHP3rd・攻略ブログ にほんブログ村 ゲームブログ×PlayNCBlogへ にほんブログ村 ゲームブログ モンスターハンターへ
にほんブログ村
ブログ検索にご利用ください(´▽`)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。