2017 / 09
≪ 2017 / 08   - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017 / 10 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【戦ヴァル3】部隊日誌1日目

というわけで新シリーズです。


久々の戦ヴァルは、チュートリアルからでしたね。
思い切りヘタクソになってましたw
数回やっている内に慣れてきましたけど、ミスが目立ちました。


まず冒頭はクルトという青年から始まります。

Kurt_Irving

王立の士官校を首席で卒業した超優秀な人です。
チュートリアルでいきなり指揮を任され、あっさりと敵を撃破してしまいます。初戦も奇跡的な勝利を収めているらしく、将来を有望視されています。

なんか嫌いなんですけどw

まあそれは冗談として、性格はクール。2のゼリに似た印象ですが、クルトの方が無口な印象。
切羽詰った時に、飴を噛んで冷静になろうとします。
歯、折れたら良いのに(・∀・)

本来であれば将官として活躍するはずだったのですが、とある件に巻きこまれ反逆罪扱いにされてしまいます。反逆罪を被った者は、ネームレスと呼ばれる422部隊へ配属されることがあります。クルトはその422部隊に配属されます。

この422部隊は、反逆罪の他、様々な罪人を集めており、捨て駒として使われています。お互いを番号で呼び合い、名前で呼び合うことがないためネームレスと呼ばれます。ただ、親しい友人ならば名前を教えあうようですが。


さて、このクルト君422部隊からいきなり総スカンされます。

理由としては信用できないから、といったもの。ネームレスは訳有りな人物ばかり。クルトは濡れ衣で422部隊に配属されていますが、他の人間も同じようなものらしいです。

そのため隊全体が人間不信な感じです。


そんな中で、超優しい人発見。


グスルグさん

名前はグスルグさん。戦ヴァルではよく差別されているダルクス人です。
この方に指揮をしたらどうかと言われ、本当に指揮をしてしまうクルト。よ、よく初対面の人間に指揮を任せるな、とは思いましたが、クルト君成果を出してしまいます。


色々よくしてくれる兄貴、グスルグさん。ただ名前が言いにくい。そして、そこはかとなく死臭がしているけど大丈夫かな。生き残ってくれることを願うけど。

あとはヒロインっぽいリエラ、すごい無口でなにも言うことを聞いてくれないイムカ、声は超かわいいけど守銭奴のカリサなど、紹介しきれないくらいいますね。

カリサは顔と守銭奴なのは知っていたけど、声がかわいすぎて吹いた。なるほど、また濃いキャラが色々いそうです。


とまあ、チュートリアルまでの流れとしては、クルトがネームレスに入隊する話です。そこで、ネームレスが抱える問題がたくさんあるなぁ、といった感じ。他にもたくさんキャラがいるので紹介しきれません。追々紹介できたら良いなぁ。


そんなわけで、今回はこんな感じで終了。

色々説明過多になりそうなこのゲームを、分かりやすくまとめて、自分なりになにか面白いことが書けるかどうかが課題になりそうです。


◆追記
2つの拍手ありがとうございます。
というわけで新シリーズです。戦ヴァルは、短いターン数でクリアーするとSランクが取れます。しかしSランクを取ろうと思うと全敵を撃破できません。今はSランクを狙っていますが、性分上全滅させたくてうずうずします。

拍手コメレスは続きへ記載しました。



▼続きを読む▼

この記事へのコメント

この記事へコメントする















Ray

Author:Ray
うとうとさせてしまう管理人Rayです。
ダークソウル、モンハンシリーズなどを中心に記事を書いています。
残念なところが多々ありますが、よろしくお願いします(´・ω・`)

当方はリンクフリーです。

※情報は古くなっています。ご注意ください。

◆プレイ中
 ・ダークソウル3
 ・フォーオナー

“志方あきこ”さんのJUKE BOXです。 詳しくはBOX上部クリックでサイトに飛びます。
当サイトはリンクフリーです。
相互リンクの際にはご一報ください。その他ご要望、ご意見などもこちらで承ります。

名前:
メール:
件名:
本文:

MHP3rd・攻略ブログ にほんブログ村 ゲームブログ×PlayNCBlogへ にほんブログ村 ゲームブログ モンスターハンターへ
にほんブログ村
ブログ検索にご利用ください(´▽`)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。