2017 / 10
≪ 2017 / 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 / 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【戦ヴァル3】部隊日誌5日目

はい、というわけで今回から4章です。


前回は、義勇軍との共同戦線を張り、見事帝国軍を撃退しました。

今回また新たに指令がおりました。


指令内容は、重要人物をある地点まで送り届けるというもの。

重要人物とはユグド教のボルジア猊下。

5日目1
真ん中がボルジア。

顔だけみると怖い人ですが、良心的な人物です。戦争に困窮する民を憂い、帝国とガリアに停戦協定を結ばせようとします。本来であれば正規軍によって護衛を務めさせるところですが、帝国側に狙いが悟られてしまうと妨害される可能性が非常に高いのです。

というのも、帝国側は現在のところ優勢に戦いを進めており、目的も遂行していません。こんなところで停戦できるか、というのが帝国側の意向でしょう。

そのため、極秘に帝国領土内へボルジアさんを運び、帝国のトップに面会させます。ノーと言わせない状況をつくりだした上で、停戦協定を結ばせるというわけです。

極秘任務のため正規軍を用いることができません。そこでネームレスに白羽の矢が立ったというわけです。


さてボルジアさんをどこへ送り届けるのかというと、帝国領土内です。

つまり前線を突破し、隠密裏に帝国内へ入らねばなりません。

5日目2
右端の赤いラインが国境のようです。通過していくのは帝国軍に占領されたガリア領土です。そのためこの辺りの民衆はガリアの人たちですね。


というわけで作戦開始。

と同時にイベントが。


5日目3


こ、こやつは!!
2の登場キャラ、ゼリですね。2では青年って感じでしたけど、3ではまだ少年の域を抜けていない感じです。小僧です。しかも生意気そう。

ダルクス人は差別によくあっているんですが、ここでもゼリは時計を盗んだと因縁をつけられています。そこをクルト君が解決してあげるんですね。

おや?

以前にも書きましたけど、クルトとゼリは似ているんですよね。
もしかしてゼリは、クルトの影響を受けて理屈家になったのかな(;´∀`)

まあ製作時期的に後付けの設定だとは思いますが
ゼリをあんな風にしたのはクルト、お前かー(゚Д゚)


と、作戦前にこんなことがありました。次回へ続く。


◆追記
拍手ありがとうございます。
2の時は、学生というくくりがあったためか、本編を構成するのが難しそうでした。3ではその点無理が感じられないですね。本来のストーリー構成としては、シリアス向けなのでしょう。学園と戦争は結構相性の悪い組み合わせだったと思います。よく頑張ってストーリーを作ったものです。


スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする















Ray

Author:Ray
うとうとさせてしまう管理人Rayです。
ダークソウル、モンハンシリーズなどを中心に記事を書いています。
残念なところが多々ありますが、よろしくお願いします(´・ω・`)

当方はリンクフリーです。

※情報は古くなっています。ご注意ください。

◆プレイ中
 ・ダークソウル3
 ・フォーオナー

“志方あきこ”さんのJUKE BOXです。 詳しくはBOX上部クリックでサイトに飛びます。
当サイトはリンクフリーです。
相互リンクの際にはご一報ください。その他ご要望、ご意見などもこちらで承ります。

名前:
メール:
件名:
本文:

MHP3rd・攻略ブログ にほんブログ村 ゲームブログ×PlayNCBlogへ にほんブログ村 ゲームブログ モンスターハンターへ
にほんブログ村
ブログ検索にご利用ください(´▽`)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。