2017 / 04
≪ 2017 / 03   - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - -  2017 / 05 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

【戦ヴァル3】部隊日誌50日目

というわけで50回目。長くなったものですw


クルトは帝国領内のヴァルキュリア施設を破壊すべく、準備を始めます。
しかしこれを成すには色々困難がつきまといます。帝国領のため隠密裏に侵入しなければなりません。

ばれたことも考えておかねばなりません。
現在停戦条約が結ばれそうな最中、露呈してしまうのはもっともまずいこと。
条約締結がままならなくなってしまいます。


というわけでクルトは自分を国籍から除外するようにラムゼイへ頼みます。

またこれを一人で達成することもできません。
もちろん仲間にお願いしなければならないわけです。

イムカには先に伝えましたね。
というわけで仲間にもこのことを話します。

隊員も慣れたもので、驚くというより呆れ顔。
しかしクルトは大真面目、元ネームレスがいかにこの作戦に適しているのか力説します。


50日目1


50日目2

ここはちょっとしびれました。
最強という言葉を使ってしまうと薄っぺらく感じてしまいますが、クルトは今まで誇張した表現を一切使ってきませんでした。ゆえに普通の人が言うのとは重みが違います。

クルトが最強と言うなら最強です。そんな説得力があります。

それからネームレスが今までたどってきた道程を考えると、気づかぬ内にガリア軍最強の部隊になっていたんですね。そりゃそうです。あんな過酷な環境、よそにあっても困ります。

私まで思わず納得してしまいました。


これに説得された隊員たちは全員承諾。隊員たちが納得していく表情も良かったんですよね。
しょうがねえなぁ、と言いつつもその表情は笑顔ばかり。仲良いな、お前たち!!


そしてクルトは再びラムゼイの元へ。


50日目3

除隊並びに、国籍からも消されます。
全員戦死扱いになったため、ガリア国民ではなくなりました。無国籍な人たちです。


それからは、ヴァルキュリアの施設を破壊すべく進行。

そこでジグと遭遇します。


50日目4

というわけでジグ戦。


ジグは剣甲兵なので、手順をうまく調整すれば攻撃する前に倒せます。
私も今までまともには戦っていませんね。運が良かったのもありますけど。

今回も大丈夫だろうと思っていたんですよ。


そしたらジグと同じエリアに進攻した時。


50日目5

エリア奥にいたはずのジグが、オーダー使ってすごい突っ込んできました(;´Д`)

まさかこんな突進してくるとは思わなかったですね。イムカに特殊能力使わせるつもりだったのに、1ターンキルされました。あれはずるい。

その近くにはクルトもいたんですが、なんとか殺されずにすみました。殺されてたらさすがにまずかった。


というわけでこのあとジグの背後に回り、後頭部に向けて射撃。


突っこんできた時は驚きましたけど、完全に孤立していたので、あっさり片がつきました。


50日目6


というわけでジグもこの戦場で倒れました。

奥のエリアに陣取られていた方が、きつかったような気がしなくもない(;´∀`)


では、今回はここまで。カラミティもあとはダハウを残すのみとなります。

スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする















Ray

Author:Ray
うとうとさせてしまう管理人Rayです。
ダークソウル、モンハンシリーズなどを中心に記事を書いています。
残念なところが多々ありますが、よろしくお願いします(´・ω・`)

当方はリンクフリーです。

※情報は古くなっています。ご注意ください。

◆プレイ中
 ・ダークソウル3
 ・フォーオナー

“志方あきこ”さんのJUKE BOXです。 詳しくはBOX上部クリックでサイトに飛びます。
当サイトはリンクフリーです。
相互リンクの際にはご一報ください。その他ご要望、ご意見などもこちらで承ります。

名前:
メール:
件名:
本文:

MHP3rd・攻略ブログ にほんブログ村 ゲームブログ×PlayNCBlogへ にほんブログ村 ゲームブログ モンスターハンターへ
にほんブログ村
ブログ検索にご利用ください(´▽`)